スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争嫌いの皆な仲良くやろうやの日本人

2013年05月16日 18:38

和を持って尊しと成す

今やグローバル化によって、欧米の様に個々の人間がお互いに競争し、勝者と敗者が選別される、格差社会になってきた。しかし日本人は本質的には争いを好まない、和を尊ぶ民族である。人と争わず話し合い(談合)で決めたがる日本人の精神構造は歴史的にどこから出て来たのか?

これは聖徳太子の憲法17条の「和を持って尊しと成す」より出て来たと言われている。その条文の最後に話し合えば「ことがらは自ずから道理にかない、何事も成し遂げられないことはない」といっている。しかし皆と話し合って決めたからといってその結論が常に正しいなんてあり得ない事は小学生にでも分かるし、ネゴシエーションに時間のかかる効率の悪さを抱えている。

日本では独断専行型のリーダーは嫌われ、かならず前もって根回しをするという習慣がある。そのため前もってこうするという話をされてしまうと、公の席での反対は難しい。初めから結論は決まっているのだからやるだけ無駄という会議が重要な会議程多い。それでも会議をして公に公平に決めたという形を取りたがる。そしてもう一つの日本の特長は責任者をはっきりとさせないこと。特に官僚機構は集団体制で物事にあたり、みんなが承認するので失敗してもだれも責任をとらない。これもみんなが話し合って決めた事だから間違っていたらそれで仕方ないとなる。更にみんなが話し合って決める事は全ての関係者が良かろうと思う事だから、規制する側もきつい事を言わず、業者となあなあの関係になり、原発の立地条件や、規制に関しても緩い条件になる。

地震、津波によって原発が破壊されてやっと、東京電力のいい加減さや規制官庁の緩さが分かってきたし、他の電力会社も適当に表面を取り繕って来ていた事が露呈した。

ではこのような話し合い(談合)で決める事を完全にやめ、自由競争制度にし一切の前もってのネゴシエーションなしにして、日本社会はうまく回って行くのであろうか?
なにしろついちょっと前まではゆとり教育とか言ってまさに競争しない仲良く和を持って尊しと成すという聖徳太子の精神そのものの教育をおこなってきたのが、世界がグロバル化して経済的競争が激しくなり、その精神では競争社会を勝ち残れないとなると、今度は一変してグローバルな競争に勝てる人物を育てようとなる。そのような競争社会は日本人になじまないと分かっていても、中国、韓国、アメリカと渡り合って行くにはそれを受け入れるしか無い。
「和をもって尊しと成す」精神の崩壊はストレス社会を作り、落ちこぼれを生み出し、鬱病にかかる人の多い社会になる。しかしこれは日本が世界に一流国として生き残るためには避けてて通れない宿命。
今までの誰にでもカンファタブルな落ちこぼれを作らない「和をもって尊しと成す」古き良き時代の終焉であろうか。

若い諸君は強い気を持ってこの弱肉強食の社会に、勝ち残れないまでも、生き残って優しい和の精神を忘れずに弱者をいたわる心を忘れないで欲しい。
スポンサーサイト

悪い予想を口にしてはいけない

2013年04月02日 18:35


「明日は雨になる」などと悪い予想は言ってはいけないという言霊(ことだま)信仰が危機管理を排除する。と「学校では教えてくれない日本史の授業」の中で井沢元彦は述べている。

たとえば先輩が海外に留学する際、空港に見送りに行き、「最近飛行機がよく落ちるから気をつけてくださいよ」と言ったとする。こんな縁起でもない事を言われると全く根拠がなくても不愉快になる。一旦口にするとそれが現実になるという言霊信仰が未だに生きている。試験前には「落ちる」とか「滑る」とかいう言葉を使わないようにし、結婚式を前にして「別れる、切れる、終わる」などの言葉は縁起が悪く口にしてはいけないという風習が今も残っている。特に江戸文化では「するめ」とか「すりこぎ」などは縁起が悪いので,「あたりめ、あたりばち」という。これも言葉にして発するとそのようになってしまう気がするという言霊信仰なのだろう。つまり日本では負けるとか試験に落ちるとかネガテイブなことを言っても予想をしもいけない。

太平洋戦争はクールになって考えればアメリカに勝てるはずが無いという結論に達するのは明白なのに戦争に負けると言ったら非国民扱い。神国日本が負けるはずはない。負けるということは頭になく、よって負けないのだからその対策は必要ないとなってしまう。
戦争に負けるという奴は戦争に負ける事を好んでいる奴だという事になってしまうともう正論は通らない。当時海軍の次官を務めていた、山本五十六は「アメリカと戦争しても勝てる訳ないのだから戦争してはいけない」と繰り返し言っていた。しかしその考えは圧倒的な多数で反対されてしまう。なぜ日本ではこんなに影響力のあった人が正論をいってもだれも聞く耳をもたなかったのだろうか?天皇陛下へも「是非やれと言われれば初め半年や一年の間は随分暴れてご覧に入れる。しかし2年3年となれば、全く確信は持てない。3国条約ができたのは致し方ないが、かくなる上は日米戦争を回避するように極力ご努力願いたい」と言い最後まで開戦に反対したが、全く取り入れられず右翼に付け狙われる始末。しかし戦争が始まると連合艦隊指令長官として真珠湾攻撃を初めとして重要な作戦を遂行する羽目になる。

何故戦争に負けると言った人を連合艦隊司令長官にしたのか?海軍の作戦を立てる中枢の軍令部にいれば、国民に人気のある山本五十六が作戦に口出しをして、戦争をやりたい時の首脳陣にとって都合が悪かった。そのため現場のトップである連合艦隊指令長官を押しつけ、厄介者を排除した。現場監督となった彼は戦争をするかしないかとかやるか止めるかに関して口を差し挟む権限が全くない、上からの命令に従うのみ。それで負けると分かっていても命令されれば,軍人として作戦を実行しなければ行けない立場に追いやられてしまった。ましてや一般国民はアメリカと戦争したら負けるという予測できても、負けるとは言えない、言えば非国民。何の根拠がなくとも絶対に勝つといっていれば自分をはじめ家族の人間関係がうまくいく。つまり日本人は論理的予測よりも希望的観測を信じたがる民族で、今でもオリンピックの選手の実態を分析せず、過去に一度でも勝った例があると、すぐにメダル獲得確実と過度の期待をかけて予測する。決して無理だろうとは書かない。

同じ事が原発の事故対策にも言える。そんな大地震や大つなみなんか起こるはずが無いのだから対策は考える必要がないと、全く根拠が無いのに自分たちでいいように理屈つけて、この原発プラントは絶対安全だとの神話を作り、議論を封印してしまう。

最近の若者の中に妙に楽観的で希望的な予測ばかりする者がいる。つまり自分は運がいいから試験に通るとか、出世できるなど常に神風が吹く事を信じている。全く客観性に欠け、自己中心的に考えるという性格の人物が増えているのは恐い現象。
クールに分析しての適正な危機管理は個人にも企業にも国家にも大切。
ソニーやシャープ、パラソニックは希望的観測での積極的経営でこうあるだろうとの予測が全部外れ、全く危機管理が欠けていたとしか言えない。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。