スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱世を生き残った大名:黒田藩と脇阪藩

2014年07月03日 17:47

 
 対照的な生き方

 戦国時代の大名は熾烈な生き残りをかけて、策を巡らせ、将来を見透し、リスクと安全を測りにかけ、命をかけて行動したと考えられる。
  当然勝者につく事が生き残りの大きな要素になるが、豊臣秀吉の子飼の大名(大大名として残った加賀の前田家は元は信長の弟子)の中で明治の世までお家を存続させたのはごくわずか。黒田家と脇坂家くらいか?

 放映中の「軍師黒田官兵衛」にでて来る長政はまだ血気にはやる若殿という感じであるが、将来はかなりの策略家となる。黒田長政は秀吉が亡くなると政略的に徳川家に近づき、結婚していた蜂須賀正勝の娘、糸姫と離縁し家康の養女、栄姫を正室に迎えた。関ヶ原の戦いでは西軍の小早川秀秋や吉川広家を調略して寝返りをさせ、東軍の武将として家康に従って出陣し、大活躍をした。その功績で福岡藩52万石の大大名となる。官兵衛、長政親子とも策略に長けた軍師という事か。

 一方、黒田家のような華々しい活躍、貢献はしなかったものの、乱世を生き残り、明治の世まで家を存続させた大名もいる。それが脇坂家(龍野の殿様)である。脇坂家の領地は現在龍野市となっており、神戸から西に50km、姫路に隣接する。醤油やソーメン製造の盛んな城下町である。龍野城は、鶏籠山の山城と後年、山麓につくられた平山城とがあり、山城は約500年前赤松村秀によって築かれた。その息子の赤松政秀は官兵衛の姫路城を攻撃しようとするが、10倍の兵を擁しながら、黒田官兵衛の巧みな戦略で、青山の合戦,土器山の戦いで大敗北をきたしてしまう。その後、城は播磨、丹波攻略を目指した秀吉により開城され、蜂須賀正勝が城主になった。

  その後廃城になっていたが江戸時代に信州飯田から脇坂安政(3代)が移ったときに山麓に築城された。
  初代、脇坂甚内(安治)はもともとは300石取の秀吉の家来であった。信長が暗殺されると、次の天下人を目指して秀吉と柴田勝家の間で覇権争奪の戦い「賤ヶ岳の戦い」が北近江の山中で起こった。秀吉はここが潮時だとみると親衛隊たる小姓の取り巻きにも総突入を指令した。小姓達は我先に一番槍を目指して敵陣に攻め入った。その時、福島正則、加藤清正が一番首、一番やり、の大活躍をして功名をあげた。その際、秀吉は天下を取ろうとする自分の家来に武勇に優れた著名な人物がいないというのは、秀吉の名を挙げる妨げになっていると考え、その時活躍した福島、加藤などの他に、数合わせに、脇坂甚内らを加え7人とし「賤ヶ岳の7本槍」と称した。そして福島正則に5000石、他の6人に3000石を与えた。甚内は棚からぼたもちの幸運に恵まれた。

 秀吉は信長後の実質の支配者になったものの表面上は信長の次男,信雄や信長の嫡孫の三法師をたてることにより、政権の簒奪者ではない姿勢を取って来た。そんな折、信雄が家康と連盟して反旗を翻したが、秀吉はその戦いを制し関白に上り詰めた。それと同時に秀吉手飼いの郎党も大名に取り立てられ、甚内も摂津能勢郡において1万石の大名になった。その後、秀吉の権勢拡大に伴い、一年の間にトントン拍子に出世して洲本城主となり、3万石を領した。
脇坂家の特徴は雌雄の𧲸(てん)の革を2本の槍の鞘にして、その2本を行列の先頭にたてて京や大阪の街をうねり歩いた。これが有名になって真黄色の貂が町中を行くと町人は皆飛び出して来てあれが脇坂様よと珍獣の毛皮を見上げたという。

 脇坂甚内は関ヶ原の戦いでは西軍の石田三成方につく、しかし西軍が勝つとの確信が持てなかったため、戦闘がはじまっても動かずに松尾山の麓の小さな丘で小川祐忠、赤座吉家、朽木元綱などの小さな大名達と肩を寄せ合うようにじっとしていた。午前中いっぱいは西軍が有利に戦闘を進めていたが、午後になって逆転した。そのきっかけは寝返りを密約していた松尾山の頂上に布陣していた西軍の小早川秀秋が、突入を躊躇していたのを、黒田長政の喝で全軍山を降り西軍を攻撃することで起った。それに呼応するこのように松尾山の麓に布陣していた脇坂甚内は真っ先に寝返り西軍に突入した。その裏切りによって甚内は家康から褒められ2万石加増された。同じこの仲間でも小川祐忠や赤座吉家は戦後、家康により領地を没収され、放逐された。戦前に甚内だけは密使を立てて関東へ送り、もし両軍が激突する事があればかならず徳川方に内応致しますと申し入れてあった。この周到さが小川や赤座にはなかった。

更に江戸の初期、豊臣系の大名の取り潰しがあり、福島正則や加藤清正家も取り潰しにあった。結局7本槍の仲間の大名では脇坂家だけが生き残った。脇坂藩は何度かの所領変えがあったものの、3代安政は5万3000石の龍野藩藩主となり、それ以後は徳川の世でも生き残り、江戸末期まで龍野藩の大名であった。

 なぜ生き残れたのか? 庶民は運がいいのは貂の革のおかげだと噂したというが。関ヶ原での裏切りの内通に加え、 2代安元が幕府の中枢にいた老中「堀田正盛」から養嗣子として安政を迎え、譜代としての待遇を受けるようになったことが大きいと考えられる。あまり目立たず、活躍もしない代わりに、肝心な時に手だけはうっていた。黒田家と同様に徳川に血縁という一番深い絆ですり寄った。
  福島や加藤のような武断派は後々騒ぎを起こすかもしれないと皆粛正された。武辺者とか切れ者とか言う噂ではなく、貂の革を槍の先につけて歩くお気楽振りだが、大切なポイントだけは押さえていた。これが戦略だとしたらたいした役者である。
  やり方は違うが黒田家も脇坂家も秀吉子飼の大名であったにもかかわらず、徳川時代を生き残った稀な例である。この生き残り術、処世術は現在にも通用するかも知れない。とことん目立つ大活躍し会社や大学の発展に貢献するか、目立った働きはしないが、敵を作らず、上司からかわいがられ、しかも自分の立場をはっきりさせておく。これが会社や学校でうまくやって行く処世術だとすれば昔も今もヒトの心は変わらないと言う事か。
スポンサーサイト

太平洋戦争における起死回生の秘密兵器?

2013年11月19日 18:15

伊400型潜水艦

太平洋戦争は制空権の戦いでもあった。それに気づいている日本人は極わずか。山本五十六はそれに早くから気づいていた一人であった。そのため無理を承知で真珠湾奇襲を行なった。攻撃そのものは成功したものの、最大の誤算は空母が出払っていなかった事。更には南雲司令官が一波の攻撃で満足し、徹底的な施設の破壊をしなかった事。そのため、肝心な制空権は奪えず、施設の破壊が中途半端だった性もあり、復旧には1年近くかかると予想していたが、直ぐに復旧してしまった。
そのため制空権を是が非でも確保するため、ミッドウェイでの空母おびき寄せ作戦を行なったが、これ又作戦をよく理解していなかった南雲司令官らにより、反対に虎の子の空母を失い、ここに日本の制空権は完全に奪われてしまった。このままだと、日本本土の空爆が目に見え、敗戦への道を転げ落ちる事が目に見えて来た。実際、その後アメリカはB29などの大型爆撃機で東京を初めとする大都市を、邪魔される事もなく悠々と破壊し尽くした。先日も未爆発の大型1トン爆弾が赤羽で見つかり大騒ぎしている様がTVで放映されていた。

山本はこのような事態を打開するため、起死回生の秘密兵器を密かに開発していた。それが潜水空母とも呼ばれている、飛行機を搭載できる潜水艦であった。しかしこの秘密兵器は完成までに時間を要し、深刻な事態を好転するには至らず終戦を迎えた。

その潜水艦は、攻撃機3機を搭載する「潜水空母」とも言うべき空前の大型潜水艦で、最高機密のものであった。 この潜水空母「伊400型潜水艦」は、全長は122mで、ドイツのUボートの約2倍。アメリカの当時の潜水艦のガトー級(全長は95m。全幅8m)と比較しても圧倒的に大きい。排水量は6560トンで、Uボートの約8倍。メインのディーゼルエンジンは4基で7700馬力、Uボートの2.8倍もあった。何と言ってもその特徴は全幅が12mと非常に長いため全水中排水量6500トン、アメリカの潜水艦は総排水量2000トン弱で、その3倍以上という巨大さで、駆逐艦に匹敵する大きさであった。構造は潜水艦を横に2つ繋げたようなタンデム構造を取り、艦の断面図が眼鏡のような形になっている。伊400型の安全潜航深度は100メートルで、約50秒で潜航が出来るという大型艦ではかなりの急速である。燃料も重油1667トンを積め、16ノットで7万キロの後続力があったために、一度も燃料を補給せずに地球を一周することも可能という驚異の潜水艦であった。世界中どこへでも無給油での往復出撃が可能で当時では考えられない画期的な潜水艦であった。
遠い攻撃目標へ到達するために長大な航続距離を持ち、浮上時の交戦も考慮して砲・対空装備も搭載 されていた。特別な飛行機、水上攻撃機「晴嵐」がこの潜水艦に搭載されるために開発され、艦橋と一体化した特殊な水密格納筒に一部 分解して格納された。最初は18隻建造の予定であったが、5隻に縮小され、3隻が完成した。当初はアメリカの大都市への攻撃も考えられたが実際には、戦局も終わりに近づいた1945年4月25日、「パナマ運河夜間攻撃計画」が公表された。晴嵐は全機800kg爆弾を装備した上での特別攻撃隊となった。 しかし戦局の悪化によりパナマ運河攻撃は中止となり、南洋群島ウルシー環礁に在泊中の米機動部隊空母群に目的変更となった。 7月20日伊400と伊401の2船は舞鶴港を出航、8月17日を攻撃予定日として航海を続けていたが、8月16日の終戦を向え、作戦中止命令を受け帰港中、米軍に捕獲された。 「伊400」を日本で出迎えた米・海軍関係者はその大きさ、性能に驚愕し、アメリカ本土に回航されて徹底的に技術調査された後に、日本の潜水艦技術がソ連に渡ることを恐れた米軍は、ハワイ近海で実艦標的として撃沈処分した。その技術調査の成果は後の米海軍の戦略に大きく貢献し、水密格納筒の構造は後のミサイル搭載潜水艦の建造に生かされている。尚、僚艦の「伊401」は長崎県五島列島北方の東シナ海でアメリカ軍の実艦標的として撃沈処分された。

この大型空母潜水艦が事態を好転させるだけの威力があったかどうかは疑がわしいが、戦後のアメリカ軍の見方では3年早く完成していたら、かなりアメリカにとっても脅威であっただろうと述べている。隠密裏に基地や施設の奇襲攻撃が可能となり、例えばニューヨーク空爆の可能性すらある。ニューヨーク空爆は飛行機の数から言って、余大きなダメージは与えられなかったかもしれないが、かなり心理的なプレッシャーにはなったであろう。
そう言う日本も1942年4月に始めて空母からのドーリットル空襲を受け、国民は戦争に負けているのではないかとの心理状態に陥った。更にサイパン陥落後はB29による空襲が日常茶飯事になって行くと、口には出せないけど誰の目にも負け戦である事は明らかになって行った。

長期戦の戒め

2013年04月30日 18:15


兵は拙速を聞くも未だ巧みの久しきをみざるなり
            孫子 作戦編
戦争においては、たとえ戦果が不十分な勝利であっても、速やかに終結に導くことによって戦争目的を達成したということは聞くが、これに反し、完全勝利を求めて戦争を長期化させ、結果がよかった例を、いまだ見たことがない。

孫子の兵法では作戦を立案するにあたって、完璧な勝利にこだわることによる、戦の長期化を戒めている。その理由は長期戦で良い結果が得られたことがないからという単純な経験則だ。

この作戦を忠実に守りいい結果につながった例。
日露戦争当時の両国の軍事力の差は歴然とし、まともに戦って勝てる相手ではなかった。そこで兵力の差を認識していた日本軍は、満州の全兵力を結集し、ロシア軍の主力との一大決戦に活路を見いだす作戦を立てた。最初から背水の陣である。
しかし、ロシアがバルチック艦隊を極東に送る方針を立てたため,このバルチック艦隊にあたる兵力を用意する必要が生じた。軍の再編成にとりかかり、満州軍総司令部を発足させた。大山巌が総司令官となり補佐役の総参謀長に児玉源太郎が配された。大山と児玉が受けた任命は複雑な面を持っていた。戦いが長期化すればする程、絶対的な兵力の差が日本にとって重荷になる。緒戦でロシアを叩き、頃合いを見計らって講和に持ち込むことが要求された。

日本軍は9月に遼陽を占領したのを始め,翌年の1月に乃木希典を司令官とする軍が苦しみながらも旅順を占領する。ロシア軍は奉天に兵を集め一大会戦に持ち込むが、日本軍の前に敗退した。さらに日本軍はロシア軍を追い込み消滅させようとの機運が高かったが、冷静な児玉はロシア軍は3ヶ月もあれば3倍の兵を持って戦いに挑める能力をもつが、日本軍の消耗は激しくこれ以上の戦闘は不可能であろうと判断していた。そこで児玉は戦場を離れ東京に取って帰り、講和を政府の首脳に解いて回り、8月に満州権益を確保する講和条約を結ぶ事に成功する。ただ講和にあたって、戦利品が少なく、ロシアへの譲歩が目立ったため国民からの突き上げをくらい、暴動騒ぎになった。児玉にしてみれば、どんなに不人気でも不利な条件でも大衆を敵に回しても講和を結ばなければならない、全く日本には余裕が無いという事が分かっていた。状況が読めない、目がくらんだ欲の皮の突っ張った大衆に迎合していたら、国家百年の計を誤るところであった。
日露戦争における一番の功労者であるはずの児玉源太郎はあまり人気がない。一方203高地攻略に多くの部下を死なせて、やっと旅順を落とした乃木希典はスタンドプレイがうまく、天皇のお気に入りでもあり、人気絶大で、乃木神社として死後も神として祀られた。

逆は第二次世界大戦のアメリカとの戦いであった。山本五十六は緒戦で真珠湾を叩き、出来るだけ早く講和を結ぶことを考えていたが、時の首脳陣、軍令部は逆に長期戦を好み、南方の石油利権を確保した後、徐徐に攻める作戦をとった。そのため、国力の無い日本は、石油、鐡をはじめ戦争遂行に必要な物資の不足に苦しみ、自滅してしまった。

研究は長期戦である。一つのことを明らかにしたら,更に次の問題点を明らかにするという、目的に至まで果てしない。誰でもかっこ良く最終目的を明らかにしたいと考える。しかしそのためには越えなければならない山が多くあり、時間がかかり過ぎる。研究も拙速を尊び、特に競争が激しい分野などでは、長期戦を行なう事が出来ない。その場合、実際の対応では最終目的に至までの長い道筋にある出城を落としたら、その攻防戦での論文を作成し、次の出城に至る。またそこで論文を作成し、一つ一つ敵の城を落としながら、最終目的の大きな城に至り、全体像を明らかにする、というようなやり方をしないと、道のりの遠い、大きな仕事を成し遂げるのは難しい。若い優秀な人ほど、大きなテーマを掲げ、目的を明らかにする計画の中で、あれもこれも明らかにしたいと、色んなデータの取得をしようとするあまり、時間がかかり過ぎ、テーマの旬も過ぎ、同じような論文も出され、その苦労の割には得るものがないということになる事が多い。研究も時には拙速を尊ぶである。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。