スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキード事件はアメリカの謀略?

2016年04月22日 13:08

石原慎太郎著 「天才」を読んで

石原慎太郎は現役の議員時代、田中角栄を金権政治の悪の権化のように追及していた。その慎太郎が何を思ったか田中角栄を持ち上げる小説「天才」を書いた。田中角栄の行動力、破天荒ぶり、まさに超人のように書かれているが、その中で一番興味があるのは田中角栄の起こしたロッキード事件は実はアメリカ政府陰謀だというものだ。ロッキードを導入するに際し、巨額な賄賂を受け取ったという話は、田中角栄を陥れようとしたCIAによる謀略か?
1976年に発覚したロッキード事件はアメリカが田中角栄潰しのために仕組んだ陰謀である可能性が高いそうだ。ロッキード社は、全日空の旅客機に自社の「トライスター」を導入させるため、合計30億円のカネを日本政界工作に使ったといわれている。そのうち5値円を総理大臣だった田中が受け取ったとされ、田中は収賄容疑、外為法違反容疑などで逮捕された。
 元首相で、田中角栄と同時代を生き抜き、いまは数少ない戦後昭和政治の生き証人となった中曽根康弘が、当時をふり返ってこう述べている(私と角栄氏とキッシンジャーの言葉、中曽根康弘)
「田中内閣が発足して2年目の1973年秋、第4次中東戦争をきっかけとしてオイル・ショックが起こる。ペルシャ湾岸の石油産出国6カ国は石油価格を21%引き上げ、OPEC10ヵ国石油担当相会議が5%の生産削減とアメリカなどイスラエル支持国(アラブ非友好国)に対する石油輸出禁止を決めた。仮に日本への石油輸出が5%削減された場合、日本経済は翌年3月には立ち行かなくなることが目に見えていた。」
「オイル・ショックの頃から、田中君は日本独自の石油資源外交に積極的な姿勢を取り、アラブ諸国から日本が直に買い付けてくる「日の丸石油」にまで色気を見せていた。さらに、渡欧の際には、英国の北海油田からも日本に原油を入れたいと発言し、ソ連・ムルマンスクの天然ガスにも関心を示して、独自の資源獲得外交を展開しようとした。これがアメリカの虎の尾を踏むことになったと私は想像する。
世界を支配している石油メジャーの力は絶大である。いささか冒険主義的だった田中君の資源外交戦略が淵源となり、「ロッキード事件」が起こったのではないかと考えることがある。」「田中君が逮捕されてから間もなく、日本を訪れたキッシンジャー氏と二人きりで話していた折のことである。氏は、「ロッキード事件は、間違いだった。あれはやりすぎだったと思う」と、密かに私に言ったことがある。キッシンジャー氏は事件の本質、真相をおそらく知っていたに違いない。」

なぜロッキードが仕組まれた事件であるのか。ここにもまた、岸の盟友である右翼の大物・児玉誉士夫が介在する。ロッキードからのカネは、日本におけるその代理人であった児玉を通して分配されていた。児玉は「コンサルタント料」として個人で21億円のカネを受け取っていたといわれている。つまり30億円のほとんどは児玉個人に渡っているのだ。ところが、捜査やマスコミの関心は田中に流れた5億円ばかりに集中し、児玉が受け取ったカネについてはまったく解明が進まなかった。

実はロッキード社の狙いは旅客機ではなく、軍用機のほうにあったといわれている。ロッキードの日本側代理人である児玉は、岸や自民党の人物たちに働きかけ、ロッキードの戦闘機F−104を自衛隊機に選定させるよう工作を行なっていたのだ。また、ロッキード社のP3C対潜哨戒機導入という大問題もある。当時の防衛庁長官だった中曽根康弘、官房副長官たった故・後藤田正晴などをはじめとする有力な自民党議員のほとんどすべてが、P3C導入をめぐって賄賂をもらっていたといわれている。 つまり、事件の本丸は民間機ではなくて軍用機なのである。自衛隊がロッキード社の軍用機を採用すれば、動くカネは旅客機と比較にならないほど大きい。田中は日中国交回復や、独自のエネルギー政策を提唱するなど、明らかにアメリカから距離をおく自主外交路線を選択していた。アメリカにとってそれは非常に気に食わないことでもあった。だから、この機に乗じて田中だけを潰そうという狙いもあったのではないかといわれている。それが田中の5億円だけを取り上げて、児玉に流れた30億円の大半について解明がまったく進まない理由の一つである。

石原新太郎は最後に 「いずれにせよ、私たちは田中角栄という未曾有の天才をアメリカという私たちの年来の支配者の策謀で失ってしまったのだった。歴史への回顧に、もしもという言葉は禁句だとしても、無慈悲に奪われてしまった田中角栄という天才の人生は、この国にとって実はかけがえのないものだったということを改めて知ることは、けして意味のないことではありはしまい」と締めくっている。

大なり、小なり謀略はいつの世にもある。アメリカのCIAは最大の謀略機関である。膨大な兵器、関連機器を製造、輸出しているアメリカにとって、世界が平和だと商売が成り立たない。アフガニスタンへ武器供与しての戦闘支援、ありもしない核兵器との言いがかりをつけイランのサダムフセイン体制を滅ぼした戦争。結局はそのため中東情勢が不穏になり、テロリストの横行する地域を作ってしまった。イランやシリアは常時戦闘状態に置かれてしまった。これも全てわかってやった陰謀?
スポンサーサイト

Tibet問題と抗議運動

2008年04月22日 17:00

Tibet 問題 (part 3) 非武力 or 武力

チベット動乱もいつの間にか沈静化し、聖火リレー妨害も収まる気配が濃厚となっている。中国の思うつぼというか大国の保身の結果というか。歴史的にみても民族問題、独立問題はいつも大国のエゴに振り回されてきた。表面上は人権を尊重するような姿勢をみせながら、裏では自国の有利なように動いている。聖火リレーを妨害するのはおかしい、オリンピックを政治的に利用するのはいけない、と人は言う。ではチベット人が自主独立を求めて立ち上がろうとするに、ガンジーのような非暴力主義でいけばいいというのだろうか?非暴力主義はある程度の開かれた社会で、マスコミが取材できる時は有効であるが、今のチベットのように完全に隔離されていると、そのような運動は闇から闇へと葬り去られるのが落ちであろう。人口も少なく、武器もマスコミも持たず,貧しい民族は、何を利用すればいいというのか。このような状態で、暴力に訴え、マスコミに取り上げてもらう以外何かの手だてはあるのであろうか?暴力、武力に訴えることがいけないことは誰でも分かっている。しかしある目的,この場合チベットの自治、チベット宗教の存続を求める目的は、生易しい運動で獲得できるとは誰も思っていない。ほとんどの人は自分に関係ないからと常識的なことを述べているに過ぎない。

 昔インド独立に際し、ガンジーや国民会議派のような非暴力運動を繰り広げた一派とは対照的に、手段をいとわず、武力に訴えても、悪魔と手を組んででも独立を勝ち取ろうとするインド人、チャンドラボース(Chandra Bose)がいた。
 第2次世界大戦勃興後、彼は反英国運動を展開して捕らえられていたが、密かにインドを脱出し、ソ連に向かいスターリンに協力を要請する。が断られ、今度はナチス政権下のベルリンへと亡命する。ヒットラーやムッソリーニに協力を要請するが、色よい返事はもらえなかった。日本軍の真珠湾攻撃を知ると日本に協力要請を行なうべく、U-Boatに乗り、インド洋沖で日本の潜水艦に乗り換え、日本に上陸した。ボースはインド国民軍を編制し、1944年、日本軍のインパール作戦に参加。しかしインパール作戦は惨憺たる日本軍の敗北に終わり、全軍壊滅状態となった。ボースは退却する日本軍に対し、最後の一兵まで戦うことを要求したが、受け入れられず、サイゴンで日本軍の無条件降伏を聞く。更に、ボースは戦後の東西冷戦を予想し、英国に対抗するため、単身ソ連に行き事態を打開しようと、サイゴンから台北を経由して大連に飛ぼうとした。1945年8月18日、台北飛行場を離陸しようとした飛行機は飛び立った直後、落下し炎につつまれた。遺骨は杉並の蓮光寺に安置されている。現在インド国会議事堂の正面にチャンドラボース、左にガンジー、右にネールの肖像画が掲げられ独立運動の英雄として尊敬されている。彼の生まれたコルカタの国際空港はチャンドラボース空港と命名されている。
人間、立場、立場により考え方も、正義さえも全く異なってくる。国民の主権を奪われ、拉致されてもなにもできないのか?抑圧され,人権をないがしろにされても我慢しなければいけないのか?非暴力でいかなければいけないのか?とても難しい問題である。

Tibet動乱について思う

2008年03月19日 18:33

Tibetで起こった暴動?何が真実で、何が嘘なのかを見極める情報がでてこないことが一番大きな問題。民主主義のルール、自由に取材させありのままをさらけ出し、社会の判断にゆだねるということから全くかけ離れた事が中国では行なわれている。今のような情報社会で情報を統制または捏造し、都合のいい情報だけを流すというやり方が、いつまでも続くとは思えない。そのうちネットに少しづつ真実の情報が漏洩してくると思うが。これでは中国政府は僧侶のデモに対し断固たる弾圧を加え、あたかもチベット人が漢人の商店を破壊するように見せかけの映像を撮っているとも勘ぐられる。チベットは古来独自の独立国家であったものを、中国解放軍が侵略し国土を中国に組み込み、ダライラマらのチベット独自の文化を破壊しようとしてきたのではないか。チベット文化、チベット宗教、チベット民族の古来の領土の行く末を決めるのはチベット人そのものであるべき。中国との経済的結びつきが強いアメリカ、日本は弱腰にならざるをえないという資本主義の身勝手さにチベットのような小国は翻弄されていく。何をどうすれば人権がたもて、チベット人の尊厳がたもたれるのか?


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。