スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無常という事

2011年09月16日 18:34


「世の中は 何か常なる 飛鳥川 昨日の淵ぞ 今日は瀬になる」は世の無常を現した和歌である。

この世に常なるものは無い。それは理論的には理解してはいるが現実的にはなかなか受け入れられない。朝元気に学校へ出かけた子供達、職場へと出て行った家族が一瞬の津波で消え去り、その遺体さえ見つからない。どこかで生きているのではないかとの希望は永久に断ち切れない。朝にはみんな元気に食卓を囲んだ家族が、夕べにはもういない。朝食の時もう少しましな言葉をかけてやれば良かった、慌てて出て行く子供や妻になにも声をかけてやらなかった悔やみ。こうなる事が分かっていればああすればよかったこうすればよかったとの後悔が次々にうかんでくる。なんで一人だけ生き残ったのだろうと生き残った事に後悔する。一人ポッチになって、それでも生きて行かなければならない。そんな人々のことを放映していた。取り残された人間、どう生きて行けばいいのだろう。結局は今まで生きて来たように生きて行くしかなす術が無い。それでも死ねないのだったら、どうにかして生きて行かなければならない。悲しみを堪えて、全て流されてしまった店を再開し寂しさを紛らわす。今まで通り郵便を配達する。前向きに生きなければ、亡くなった者の分まで生きなければ。前向きに、前向きにと自分に言い聞かせる。

台風襲来で予想しなかった記憶だにない未曾有の大洪水。今まで溢れたことのはの無い川の氾濫、鉄砲水での家屋の流出と破壊、裏山の土砂崩れによる家屋の下敷き。命を失った者、逆に運良く命を取りとめた者、一瞬のうちに生死が決定される。まさに人の運命は儚い。那智勝浦の町長さんに至っては哀しすぎて泣くに泣けない。その日が婚約の予定であった娘さんと奥さんが家共々流され、行方が知れないという。なんという理不尽。なんという無常。

人の世の儚さをうたった名文として真っ先に思い起こされるのは鴨長明の方丈記であろう。
「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。 あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、かりのやどり、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目をよろこばしむる。そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日に枯れぬ。或は花はしぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、ゆふべを待つことなし。」

人の世の栄枯、盛衰、変遷、生死と常なるものはない。信長は舞「敦盛」の一節、「人生50年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり、一度生をうけ、滅せぬもののあるべきか」を好んで詠い舞った。
源平の戦いで須磨の浦における一の谷の合戦、平家の若き笛の名手であった武将平敦盛を討った源氏の武将熊谷直実が敦盛の首を落とさんと顔を見ると相手はまだ16歳の童顔の美少年。直実は同じ歳の我が子をこの合戦で失ったばかり。世の無常を感じて出家することになる。

優しい顔が時として獰猛に牙を剥く自然の力に押しつぶされ、なす術が無い。巨大な自然の前の一個の人間の無力さ、偶然に翻弄される命。科学はそのような自然に対して、様々な手を打って戦って来た。高い堤防を造成し、建物を耐震に、ダムを造り、土砂崩れ防止壁を作り、これで大丈夫だと過信していた。原子力の火を自在に操つれると思い込んでいた。しかし想像を超えた自然の脅威には歯が立たなかった。しかし人はそれを乗り越えようと、更に科学を進めて自然に立ち向かう。自然と科学の追いかけっこ。果てしない戦い。
栄枯盛衰は儚い人生の結末ではあるが、ある意味自業自得。しかし天変地異の変動によって左右される人の命の儚さはあらが得るべくもなく、突然理不尽に運命にのしかかる。これぞまさに無常。

スポンサーサイト

大災害時に現れる人の器と価値

2011年03月18日 18:49

大震災特別ブログ
この度の東北地方太平洋沖地震と津波、それに続く原子力発電所事故では被害の甚大さや現代科学の無力感に
あぜんとするばかりではなく、人の世の無常さも教えられた。

朝元気に職場へ学校へと玄関を出て行った家族の一員が一瞬のうちに散りじりに、命を奪われ、帰る家もなくなってしまうなんて、誰が予想できたであろうか。地震が起こった時に何をしていたか、津波に襲われた時にどこにいたか?運命の神はいたずらに人々の運命をもてあそび、いとも簡単に人の定めをも決めてしまう。まさに無常、理不尽。

被災者のなかには家族を亡くし、自宅をなくしてもなお、悲しみを背負って、自分を犠牲にしてでも、老人や病気の人を助け、村や町の復興へと、運命を前向きに受けとめる人々が居る事を知って、まだまだ日本も捨てたものではないと感じた。我々被災者ではない者も、こんな大惨事後の困難なときこそ、少々の不便を我慢して、停電とか交通機関の乱れとかに文句を言わずに、お互いに助け合って、日本の復興を目指そうではないか。

あっけなく命が消え、明日の運命も分からない現実を見つめると、人の存在のなんと小さいことだろう。しかしこのちっぽけな人間、一人一人が協力して助け合えば、まさにLittle to bigとなり、大きな力となり、うねりとなって復興、再建に向けて走り出せる。

福島原発の事故をみても、第一原発の事故に始まり、第二原発や第三原発,休止中の第四原発までもが同じような経過を辿るのをみて、東京電力の無策ぶり、手間の悪さにイライラした人は多いと思う。独占大企業の屋台の上にあぐらをかいていたエリートたる幹部社員のおろおろするばかりの無能さにはあきれた。一方、日の当たらない原発現場の社員は、身の危険も顧みず、疲労困憊になりながらも必死に頑張って、なんとか大惨事になるのを防ごうとしている。

いったい日本はどうなっているのか。未曾有の大災害で会社や日本の危機存亡の折、トップが何故現地に乗り込んで陣頭指揮しないのか、責任逃れに終始するのか? 必死になって働く現場社員と安全な本社に身をおいてなす事を知らない幹部社員のコントラストが何とも現在の日本を象徴しているようでなさけない。こんな時にこそ人の価値が問われる。

Little scienceをやっている我々研究者は、こんな時に、こんなことやっていていいのだろうかと思うかもしれない。しかし、冷静に自分に何ができるのかを考えたら、今やっている研究をやり切ることが、日本の復興に繋がるのではないか、というよりそれしかできないのではないかと思う。研究費の無駄使いをやめ、一人一人が本分を十分に果たす。
そして足手まといにならないように個人個人の状況に応じてできる限りの協力をおしまないようにするしかないであろう。

最後に今回の地震で、家族や友達を亡くされた方に哀悼の意を表するとともに、命は助かったものの怪我をおわれた方、自宅を喪失、損壊された方、はたまた職場や研究室の被害に遭われた方、被害程度はまちまちでしょうが心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興と、研究者の皆さんには一日も早く日常の研究に戻れますよう祈ります。

My faraway

2009年06月24日 17:38

無情

大学で知り合って無二の親友となったHKは理系の学生では珍しく万葉集がとても好きでした。そのせいもあって妙に文学好きの僕と気があい、よく奈良の万葉の里を訪ねて歩き回ったものだった。その頃のぼくはどちらかというと万葉集よりも古今集や金塊集などの和歌の方が洗練されているようで好きだった。

午前中で学校を抜け出し、奈良へ急いだある日の夕方。「あああれが天の香具山でこれが畝傍山か耳成山か」などそこここに見える山や川全てが万葉の舞台。中大兄皇子の歌「香具山は 畝火雄々しと 耳成山と 相争ひき 神代より かくにあるらしいにしえも しかにあれこそ うつせみも 妻を争ふらしき」を思い浮かべながらとぼとぼと日の暮れかかる大和路を歩いた。時は晩秋、麓にはすでに夜陰が忍び寄り、急に肌寒く感じられるようになって、残光が山の頂を茜に照らし出し、その神々しさにうっとりとしたものだった。その残光も色褪せてあたりが夜の帳に包まれ始めると、なぜか急に寂しく、物悲しくなり、二人は無言で家路を急いだのでした。

その彼が突然、死んでしまった。30歳を目前にしての自殺でした。残暑の残る暑い暑い夏の終わりでした。僕はおそ巻きながらやっと人生の方向を決めて、研究で身を立てようと決心し、秋からアメリカに留学するという一ヶ月前の出来事でした。そのため、今やっている仕事を片付けようと夜遅くまで必死で働いていて、自分のことばかりで精一杯、彼がわざわざ死のひと月前に東京に訪ねて来てくれたときも、自分のこれからの夢や抱負ばかりを一方的に話したに違いありません。もう少し彼が何を求めているのか、わざわざ訪ねてきた訳を察してあげる事ができたらと悔やまれてなりません。それからほどなく、突然の電話で、慌ただしく徳島に飛び、葬儀にでることになりました。身体も魂もふぬけになったように、その時のことは余り覚えていません。ただ火葬場での煙が風もない昼下がりの暑い中を、まっすぐに上っていくのをじっと見つめ、魂もあの煙とともに昇っていくのかなとぼんやり思っていました。夏の終わりを惜しむかのように蝉の鳴き声だけがあたりを包み、いっそう暑さを増していました。僕は流れ落ちる汗を拭きながら、炎天下に立ち尽くす事しかできませんでした。

一見、彼は周りからは公私ともに順調にいっているように見えました。同級では一番の出世頭ですでに助教授になっていましたし、結婚も予定されていました。なぜ死んだのか遺書がなかったので、その理由は今となっては分かりようもありません。全く自殺する理由など考えられないくらい、うらやましいくらい傍目からは順調に見えました。
突然、心におおきな穴がぽっかりと空き、例えようのない侘しさを感じました。人生の無情、不条理を感じました。

そんな彼が好きだった歌 「大和は国のまほろば たたなづく青垣山こもれる 大和しうるはし」や 「あおによし奈良の都に咲く花のにおうがごとく今盛りなり」をどこかで耳にする度、未だに心がきゅんと縮こまり、人って何だろう?生きるって何だろう?と心が叫びます。

その後、すぐに留学をし、お墓に参る機会がなかったので、帰国してとるものもとりあえず墓参りをしました。彼の実家は北九州の小倉にあり、ご両親と弟さんとの3人家族でした。ご両親に会って何を話したかは定かではありませんが、朝日新聞の記者をされていた厳格そうなお父さんは「亡くなった親孝行なHとはできが違い、どうしようもない弟は早稲田を出た後、ぶらぶらしていたけど、今は落ち着いて予備校の先生をやっている」とすこしあきらめたようなそれでいて許しているような寂しげな顔で話された事だけを覚えています。

墓は父親の実家のある山口県の田布施の田園地帯の真ん中の灌木の生い茂った丘の麓にありました。夕暮れまじかで、日が落ちるのとの競争でタクシーを乗り付けての慌ただしい墓参りでした。実家は父親の兄が跡を継ぎ、農家を守っておられました。墓参りを終わるとあたりはまさに漆黒の闇に包まれ、ぽつんと田んぼの中に建つ一軒の農家の明かりが妙に明るく輝いて感じられました。
あれからもう30年以上になります。もう一度、最後のお参りをしなくてはと考える歳になってきました。



無常

2008年04月03日 10:51

神戸は平家一族の本拠地、福原があったのと一の谷の合戦が行なわれたこともあって平家ゆかりの地が多い。平家といえば誰でもが栄枯盛衰の物語、平家物語を思い浮かべる。
特に冒頭の一文。
祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。
は誰でもが一度は目を通した,日本人の心の中に流れる無常を的確に言い表したものである。平家物語の敦盛最後の章は涙なくしては読まれない。若干16歳の平家の公達であった敦盛は一の谷の合戦で破れ、船に乗り、逃れようとしたところを熊谷次郎直実に呼び止められ、引き返し切り結んだ結果,討たれる。打ち取った直実も敦盛が我が子と同じくらいの歳の薄化粧した美少年である事が分かり、世の中の儚さのあまり出家した。敦盛は横笛の名手として知られ、討たれたときも鳥羽院より賜った青葉の笛を所持していたという。敦盛最後の場面は後に能、幸若舞、謡曲、歌舞伎の題材として取り上げられる事となった。
信長も幸若舞の敦盛の一節「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり ひとたび生を享け 滅せぬもののあるべきか」の歌を愛し、己の心情、生き方を現したものとしてよく敦盛を舞ったと言われている。
西行法師は命の儚さ、世の無常さが分かり、出家して世を捨てたが、信長はだからこそ人生を自分の思った通りにできるかぎりやってみようと行動したのであろう。だから本能寺で光秀の謀反を聞いて、逃れられぬと分かるとただ一言「是非もなし」と死に赴くことができたのであろう。
日本人の血の中には生きとし生けるものへの慈しみ、生の儚さを感受する遺伝子が流れ、外人には理解し難い、日本人感を構築している。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。