スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀吉の三木城攻め

2010年03月26日 13:21

三木城攻め

三木城は神戸の北西20km, 明石の北19kmの地、京都と有馬を結ぶ湯山街道の要所にあり美嚢川の南岸の台地にあった。
天下統一を目指す織田信長は、天正5年(1577)に、中国地方の戦国大名毛利輝元を打つため、羽柴秀吉を総大将に任じ播磨に進行させた。播磨の守護代である小寺氏や別所氏など有力武将は、秀吉率いる織田軍に加勢することを約したが、足利義昭が、諸将に織田軍に叛き毛利氏に加勢するよう働きかけていたため、別所長治を中心に播磨の武将は織田方に反旗を翻し、三木合戦へと発展した。天正6年(1578年)から2年弱に渡って、羽柴秀吉と別所長治との間で、激しい攻城戦が繰り広げられた。秀吉は、播磨の武将をまとめる別所氏との直接対決で、兵力が消耗することを避け、三木城を領内の播磨内陸部との連絡を絶ち孤立化させるため、三木城の北側に付城群を築き、別所氏に味方する播磨各地の城攻めを行い、得意の兵糧攻め(三木の干殺し)を行った。その結果、城主長治は領民の命を救うため、天正8年(1580)1月、一族とともに自刃し開城。
本来の城郭は現在の三木市街地部分も含むものであったが、本丸周辺だけが上の丸公園として残っている。公園内には別所長治の辞世「今はただうらみもあらじ諸人のいのちにかはる我身とおもへば」の歌碑や、城外への抜け穴があったと伝えられる「かんかん井戸」、そして近年立てられた別所長治像がある。

また。秀吉の軍師であった、竹中半兵衛は京で病の治療に当たっていたが、先の長くない事を悟ると、急遽秀吉の忠告を振り切って三木に戻り、自分の亡くなった後の策を秀吉にさずけた。三木が竹中半兵衛の終焉の地となり、郊外に墓がある。

摂津、播磨の国は新興勢力の信長がまさに京から西に向って版図を広げようとした勢力と従来の中国地方の支配者毛利とのせめぎ合いの場であった。別所長治にしても荒木村重にしても、日頃から毛利の勢いを感じていたし、信長のやり方が余りにも残忍、神をも恐れぬ仕打ちには反発していたことや、毛利が対抗してやってくれるのではないかとの期待も大きかった。そこで毛利方についたのが間違いのもと。信長への反感も手伝って、情勢判断を誤った。戦国時代の判断ミスは即死につながる。

いまのH首相も判断ミスが多い。政権についた直後に、沖縄の普天間基地を海外,少なくとも沖縄県外に移すと豪語せず、そうしたいけど、自民党時代にすでに約束した事もあり,難しいかもしれないと言っておれば,全然違う世論になったであろう。小沢一郎問題もしかり。情勢判断は難しい。


三木城趾にある遺構。
写真1別所家一族の辞世 2別所長治の辞世の句碑 3三木城想像図 4三木城趾案内 5竹中半兵衛墓詩 6竹中半兵衛の墓 

[秀吉の三木城攻め]の続きを読む
スポンサーサイト

摂津、播磨の国をめぐっての攻防(1)

2010年03月20日 16:17

荒木村重と織田信長

荒木村重のことを思うと、人の評価っていかに難しいか、評判って何なのと考えさせられてしまう。
実際彼は何をしたかったのか?優柔不断で残虐なことができず、戦国大名に向かなかっただけではないのか?ましてや信長のような非人道的な君主とは全くそりが合わなかったのではないか?ただそれだけのような気がする。しかし、今日明智光秀同様、評判がとても悪い戦国大名の一人である。

その評判を落としているのは、まずは信長への反逆。2つ目が一族郎党家族を残したまま(結果として見殺しにした)、信長の軍勢に囲まれている有岡城を脱出し、自分だけが生き残ったこと。そして信長亡き後も、茶人として生き延びて堺で52歳の平穏な生涯を終えたことが決定的に彼の評判を落とした。

1586の9月、織田信長は将軍足利義昭を奉じて京都に入り、ただちに摂津を攻略し、池田城の池田勝正、高槻城の和田惟政、伊丹城の伊丹親興の三人を守護に任命した。しかし荒木村重はこれらの三守護を次々に倒し、摂津の大名となり、伊丹城を改修し有岡城とし居城とした。

その頃、浄土真宗本願寺の顕如は大阪城の所にあった石山本願寺に立てこもり、信長と戦闘態勢をとっていた。信長は村重、細川藤孝、明智光秀、原田直政に命じて本願寺を攻撃し、激しい攻防戦が展開された。地上の戦いだけではなく、海上での戦闘でも織田の水軍と毛利の水軍が衝突。荒木村重は織田方の尼崎衆の軍船を率い戦ったが、毛利の水軍に大敗北を喫してしまう。

天正六年(1578)正月、信長は主だった武将十二名を安土に招いて茶会を催す。秀吉、藤孝、光秀らとともに村重も参列。村重にとってこの時がもっとも栄光の時で、これを境に信長に叛意を翻すことになる。

二月初め、村重は石山寺の顕如のもとへ和平の交渉に出かける。しかし交渉は不首尾に終わり、その上、村重は城中の飢餓に苦しむ顕如から食料を懇望され、断りきれずに兵糧米百石を与えてしまう。のちにこれが、村重が本願寺と通じていると讒言されるもととなる。

一方、秀吉はこの年から毛利との対決のために播州に入って上月城を攻めていたが、膠着状態に陥る。しかし秀吉はいったん上月城を奪還し、尼子勝久、山中鹿之介らを城に入れるが、じきにまた毛利の大軍に包囲されてしまう。そこで副将格として村重が派遣されるが、村重はどうも戦意を喪失したかのような行動をとり、結局、上月城は放棄され、尼子氏は滅亡、鹿之介は殺されてしまう。

上月城を放棄した村重らは今度は神吉城を攻めた。大手を攻めた丹波五郎左衛門、滝川右近は、降参した城主神吉民部少輔の首を有無を言わさずはねてしまう。一方、西の丸を攻めた村重と佐久間信盛は、和を乞うた村重と昵懇の神吉藤太夫の首を切ることができず、見逃してしまった。これを機会に、専制君主で賞罰に厳しい信長のこと、どのようなおとがめが下るかも知れないと、村重は有岡城に引きこもって外に出なくなった。

そしてついに荒木逆心の情報が安土の信長に届く。信長は明智光秀、松井有閑、万見仙千代らを派遣して説得に当たらせる。秀吉も説得に赴くが、村重が翻意することはなかった。前野長康、蜂須賀小六が説得に行ったときは、村重は強い口調で信長の今までの殺戮や悪逆行為を非難し、自分一人になっても法敵信長の行く末を見守ってやるとまで言い放つ。とうとう秀吉の軍師、黒田官兵衛にまで説得に行かせるが、翻意を得る事かなわず、逆に土蔵に幽閉されてしまう。なかなか帰ってこない官兵衛を疑って、信長は人質にしている息子の松寿丸を殺すように命じる。しかし秀吉は竹中半兵衛と計って、信長に内緒で匿うという、事がばれれば首が飛びかねない策に出る。その後、竹中半兵衛は秀吉が攻めている三木城の陣地へ戻って亡くなってしまう。

荒木村重は有岡城に籠城し、城はなかなか落ちず、持久戦になるが、食料が乏しくなり、頼みの毛利の援軍もなかなか来そうにない。そこでやむなく村重はこっそり城を抜け出し、村重は従者を連れて尼崎城へと向かう。城主を失った有岡城にはやがて落城する。そして骨と皮に成り果て、足腰立たなくなった黒田官兵衛が土蔵に閉じ込められているのが発見されます。
信長は尼崎城や花隈城を明け渡して降伏するなら城内の者は助けようと言いましたが、尼崎城にいた村重はこれに応じず、激怒した信長は城内の人々の皆殺しを命じ、それが実行される。

その後の村重は花隈城が落ちてから毛利側に匿われ、尾道に隠れ住んでいたと言われる。天正十年(1582)、本能寺に信長が倒れてから、村重は秀吉に招かれ、茶人道薫として仕えることになります。天正十四年四月の茶会を最後に、彼は堺で没する。ときに五十二歳(1586)でした。

村重が戦国大名でなければ、織田信長に仕えていなければ、りっぱな名君になっていたかもしれない。
時代と時の情勢によって人の運は大きく変わる。今は100年に一度の激動期であると言われる。そんな世を乗り切れるのは、信長のように何も恐れず、思いのままにできる変人だけなのかもしれません。
人も育ちもいい、ぼんぼんで、苦労知らずのH首相では所詮無理でないかと、村重とその像を重ね合わせてため息がでます。

役に立つ研究、良い研究

2010年03月06日 15:15

好熱菌研究

あなたの研究は何に役立つのですかとか、すぐれた良い研究ですかとか、科研費や予算申請時にかならず聞かれる。良い研究はある程度分かるにしても、いったい役に立つ研究ってなんだろう。直ぐに社会で活用される、企業化できる研究?確かにiPSや再生医療のようにすぐにでも医療応用に役立ちそうな領域は存在する。しかしそのような研究ばかりでいいのであろうか?

昨年秋の予算仕分けでは研究への理解が得られず、多くの研究予算がカットされた。
しかし誰からも評価されず、見向きもされなかった研究が一躍花開くことがある。これが基礎研究の醍醐味である。iPS研究だって、すでに組織になっている細胞をES-likeの自己複製能を持ち、様々な組織に分化できる細胞にすることができるということを実証するまではだれも見向きもしなかった。
しかし政治家や殆どの役人が文科系という人たちにしてみれば、役に立つとは今日明日にすぐに産業化されるとか特許になる技術だけらしい。

好熱菌は、至適生育温度が45°C以上、あるいは生育限界温度が55°C以上の微生物で古細菌の多く、真正細菌の一部、ある種の菌類や藻類が含まれる。特に至適生育温度が80℃以上のものを超好熱菌と呼ぶ。最も好熱性が強い生物は、ユーリ古細菌に含まれるMethanopyrus kandleri Strain 116である。この生物はオートクレーブ温度を上回る122°Cでも増殖することができる。
1993年 キャリー・マリスが耐熱性DNAポリメラーゼを用いたPCR(polymerase chain reaction)の研究によりノーベル化学賞を受賞した。この画期的な技術は開発当時その有用性が理解されず、NatureやScienceでは掲載がrejectされた。その当時のトップの研究者にも理解できない研究であった。

しかしこの技術によって、痕跡程度のDNAを増幅し,遺伝子工学上多大な貢献をし,更には犯罪における痕跡からのDNA診断が可能となった。画期的なインパククトの高い技術である。このとき用いられたDNAポリメラーゼは好熱菌 (Thermus aquaticus) のものであり、Taqポリメラーゼの名前はここに由来する。誰も見向きもせず、そんな役に立たない事やって何になるのかという批判も気にせず、こつこつと高熱菌の蛋白質のポリメラーゼの性質を調べる人がいなかったらPCRは現実化していなかったであろうし、高熱菌のポリメラーゼという基礎研究に目をつけてこれをPCRに応用しようとする人がいなくてもPCRの実用化はなかったであろう。このように大きな研究や世の中に非常に役立つ技術の開発は地味な基礎研究をする人とその結果に目をつけて応用を目指す人の両者が必要である。

それを最近では全く基礎研究をしなくても役に立つ技術開発ができると思い込んでいる、役人や政治家が多い。そればかりだと、薄っぺらな、マイナーチェンジばかりの研究開発になってしまい、いずれ日本の科学技術は滅んでいくであろう。全く役に立ちそうもない地味な基礎研究から画期的な研究成果や技術が生まれる事を忘れてはならない。PCRしかりお椀クラゲの蛍光蛋白質しかりである。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。