スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙か彼方

2010年12月24日 18:49

自信を持って己が道を歩もう

NHKドラマ「龍馬伝」が終わり「坂の上の雲」が再開された。幕末の動乱期と明治維新の揺籃期をみているとあの当時の若者のエネルギーには圧倒される。
当時、日本が世界の中で置かれた状況が現在とは違って情報が伝わりにくいにもかかわらず、日本の隅々にまで危機感を及ぼし、多くの若者が立場こそ違え、真剣になって日本の将来を考えた。

藩という束縛から逃れられなかった長州や薩摩の若者とは一線を画し、藩にとらわれず、「龍馬」という男は日本という国の世界での生き残りを考え行動した。権力の後ろ盾の無い浪人が徒手空拳大きな組織に立ち向かい、過激さを表に出さず、徹底的に話し合い、妥協点を探って大政奉還という大事業を成し遂げた。封建的で権力に弱く、長いものにはまかれろの国民性、今までにこんな人物が日本に居ただろうか?

明治初期はまさに国内では古い制度を壊し、新しい制度をつくりあげるという、古いものと新しいものとのせめぎ合いの時代であった。国外に目を向ければ世界は帝国主義的侵略戦争のまっただ中にあった。「坂の上の雲」はそのような国家存亡の混乱期に危機感を持った松山藩出身の3人の男、正岡子規、秋山好古、秋山真之を中心に若者が情熱と夢を持ってひたすらおのれが道を突き進んだ姿を描いている。

あの当時、多くの若者が危機感を抱きながら、しかし夢と希望を持って全てのエネルギーをおのれが道に注ぎ込んだ。目の色が真剣さと情熱を物語っていた。みんなが必死に生きた。その結果、ちっぽけな東洋の島国、日本が世界のうねりに飲み込まれないで、生き残れた。

今は明治期、戦後と並んで国家存亡の大混沌期である。しかし、昔の混沌期と異なり、日本は押しも押されない経済大国となっている。その大国の精神がバブルの時期に緩みっぱなしになったまま戻らない。自分の利益ばかりを考え、辛抱したがらない、危機感の無い国民。国民に嫌な事も言えず、重要な問題を先送りにして何の決断もできない政治。停滞し長い不況から抜け出せない経済、やる気の無い無気力社員が増え、成果が出せず、競争力を失った企業。研究者にも研究が好きというよりは社会の荒波にもまれたくない安全志向の人間が増えてきた。困った事にがつがつと働きたくないという研究者が増えている。実験科学ではがつがつと働かない訳にもいかない。世界の傾向は益々多くのデータを要求し、ひとかけらの矛盾も無い結論を好む。一流のジャーナル程膨大なデータを積み上げ、詳細な分析を要求される。世界の傾向と日本人研究者の楽をしたいという性格の食い違いがひどくなりつつある。

昔アメリカに留学していた頃の日本は貧しかった。すでに戦後の動乱期を脱して、喰うに困る事はなかったが、生活環境、研究環境では雲泥の差があった。東海岸には日本人観光客など見かけなかった頃である。

アメリカの高速道路ではやっと小さな日本車がちらほらと走り始めだしていた。日本製は3流というレッテルを貼られて、それがまだぬぐい去られていない時代であった。外国生活をして感傷的になっていたせいもあるが、あのちっちゃな日本車が大きなアメリカの車に交じって、走っている姿を見て涙が出て来た。左翼的でこそあれ、愛国心とかいう事とは無縁であったはずだが、国を離れ一人で外国に暮していると、妙に負けてたまるかという気概が沸き、まだ少なかった日本留学生達はなにかと団結したものだった。あの頃の日本人は今の中国人や韓国人の目の色をしていた。お金も大事だったけど、やりたい事をやれる喜びに満ちた目をしていた。

当時の企業戦士達は与えられた仕事を期待以上にこなし、各々の戦場で能力の有る無しを問わず、やってやろうではないかという気概に満ちあふれていた。なによりも同僚と同じ目標目指して働ける事が嬉しかった。目的を達した後、みんなで桜の下で酒を酌み交わす事が楽しかった。
そうこうしている内にあれよあれよという間に、テレビなどの日本製家電もアメリカの市場に溢れ出し、あっという間に日本製がブランドとなっていった。

今はがつがつと働く事がださくて格好悪いと思われている。
今はありとあらゆる事が低迷し、気力の無い無機質な社会になってしまっている。危機感に溢れていたあの頃のエネルギーを取り戻し、中国や韓国に負けない活気に満ちた日本を取り戻す事ができるのであろうか?

まず文句を言う前に個人個人が、自分の持てる力を、目一杯発揮する。これが日本が活気を取り戻し、夢のある将来に向っていける基本ではないだろうか? おのれに与えられた仕事を頑張り成功させ、次の高みを目指して登って行く。そして一人一人の研究者がチャレンジ精神を持ち、いい研究成果を出すように努力する。大きなものにチャレンジすればする程ストレスはかかるものなのである。そのストレスを克服してこそ、成功は訪れる。画期的な万能薬など所詮存在しない。個々の人間が持ち場でこつこつと努力し、その能力を最大限発揮する。そして自信を取り戻す。そうすればいつの間にかあのアメリカ在住当時のように、湧き出るが如く人材が輩出してくるであろう。これが日本再生の一番の近道ではないであろうか?

坂の上の雲を目指してひたすら登って行った明治の若者のような情熱と夢を現在の若者にも持ってもらいたくて詠む。遥か彼方の一陀の白い雲。手を伸ばしても届かない。この坂を上って山の頂に立てばあの雲に手が届くに違いない。

遥か彼方

今は何も考えず、ひたすらあの雲を目指してこの山を登ろう。
沈み行く太陽の光を浴びてあの雲が茜色に変わる前に、陽が傾き山の彼方にその身を沈め、あたりに暮色が漂う前にあの雲に着こう。
いまは何も考えず、ひたすら山を登ろう。日が暮れる前にあの雲に乗ろう。雲に乗れば視界も開け、山の向こうの荒野が見渡せる。さらば未開の地に未踏の道を拓くことができるであろう。
しかし今はなにも考えずにひたすら、汗を流し、息を切らしこの坂を上ろう。あの雲をめざして。

スポンサーサイト

小説の書き出し

2010年12月10日 18:21

小説の冒頭

川端康成と夏目漱石

小説の書き出しは、これから起こるであろう出来事を暗示させ、小説の導入として重要である。
小説の冒頭部分が美しく洗練された文章の作家として思い浮かべるのが川端康成だ。まずは川端康成の有名なシーンから。

川端康成の文章でも特に美しいとして有名なのが中学校の教科書にも頻繁にでてくる? 雪国の冒頭と伊豆の踊り子の冒頭シーンであろう。

 雪国
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ叫ぶように、「駅長さあん、駅長さあん。」明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。

文章が簡潔で、正確に表現するというよりは感覚的に、絵画的に語られ、一度読めばそのシーンが網膜に焼き付けられる名文である。

 伊豆の踊り子 
 道がつづら折りになって、いよいよ天 城峠に近づいたと思うころ、雨脚が杉の 密林を白く染めながら、すさまじい速さ でふもとから私を追って来た。私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり紺がすりの着物にはかまをはき、学生カ バンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に 出てから四日目のことだった。修善寺温 泉に一夜泊まり、湯ケ島温泉に二夜泊まり、そして朴歯の高下駄で天城を登って 来たのだった。重なり合った山々や原生 林や深い渓谷の秋に見とれながらも、私 は一つの期待に胸をときめかして道を急 いでいるのだった。

小説のイントロダクションにふさわしい書き出しで、あたりの情景と自分の感情が入り交じり、今後の展開をほのめかすかのような書き出しになっている。イントロダクションはこうありたいものだとの教科書にふさわしい書き出し。

一方、漱石の書き出しは美しい情景ではなく、人物描写から始まる事が多い。
有名な坊ちゃんの冒頭では主人公の性格の説明から書き出している。

坊ちゃん
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである。小使に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

自分の性格を現すための出来事を最初に持って来て、後々の小説の展開の中心となる「短気でかたくなな江戸っ子気質」を暗示している。

それから
誰か慌たゞしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄(まないたげた)が空から、ぶら下つてゐた。けれども、その俎下駄は、足音の遠退(とほの)くに従つて、すうと頭から抜け出して消えて仕舞つた。さうして眼が覚めた。
 枕元を見ると、八重の椿が一輪畳の上に落ちてゐる。代助は昨夕床の中で慥かに此花の落ちる音を聞いた。彼の耳には、それが護謨毬(ごむまり)を天井裏から投げ付けた程に響いた。夜が更けて、四隣が静かな所為かとも思つたが、念のため、右の手を心臓の上に載せて、肋のはづれに正しく中る血の音を確かめながら眠に就いた。


 宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。秋日和と名のつくほどの上天気なので、往来を行く人の下駄の響が、静かな町だけに、朗らかに聞えて来る。肱枕をして軒から上を見上げると、奇麗な空が一面に蒼く澄んでいる。その空が自分の寝ている縁側の、窮屈な寸法に較べて見ると、非常に広大である。たまの日曜にこうして緩くり空を見るだけでもだいぶ違うなと思いながら、眉を寄せて、ぎらぎらする日をしばらく見つめていたが、眩しくなったので、今度はぐるりと寝返りをして障子の方を向いた。障子の中では細君が裁縫をしている。

のどかな日常の描写から書き出し、どのような展開になるのか予想させない。そこにあるのはすでに何かが起こった後の静なのか、これから何かが起ころうとする嵐の前の静けさなのか?

どんな小説家も導入部はそれなりに苦労して書いている。物語を展開するにあたって読者をどのように引き込んで興味を持たすかが小説家の力量だ。川端康成は主人公の周りの情景描写から入り、夏目漱石はありふれた日常から入る事が多い。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。