スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大製薬企業は研究開発を減らし、ビジネスで儲けようとする

2011年02月21日 17:41

巨大製薬企業は今後研究費を大幅に削減する

Pfizer’s shakeup means less money for research
          Science 331, 658 (2011)

巨大製薬会社ファイザーは2012年に数千人の労働者を解雇し、研究開発費を15から20億ドル削減すると発表した。この急激な減少は「基礎的な薬剤探索においてどのような役割をはたすべきなのか、またはどのような役割を果たしたいのか」多くの巨大製薬会社が直面している不確かさを反映している。一方、外部から必要な時に必要とする科学技術を買うことが増えてきている。ファイザー社の研究開発予算は2010年には93億ドルであったが、本年は85億ドルに減少し、2012年には65億ドルから70億ドルに削減され、内科、アレルギーや呼吸器病、泌尿器や組織再生への研究投資は中止される。ファイザー社幹部はこれらの領域はriskyで、利益を生む薬を作りにくいと見ている。反対に、神経科学、がん、ワクチンなどへの研究費はそのままか、増える。

ファイザーは投資をやめる領域の薬の販売を必ずしも止める訳ではない。研究開発部門の総責任者であるMikael Dolstenはこう述べている。「薬を会社内でのみ作ろうと思っていない。勝てると思う場所、自分に都合のいい場所でやればいい」。予算の執行を受けて、ファイザー社はバイアグラを開発した工場で2400人の労働者のいる英国のサンドイッチの工場を閉鎖する。数百人の雇用者はどこかに移動するか外部の関連企業に移る事になるであろう。ファイザー社は更にコネチカットのGrotonのオフィスの1100の仕事を止め、450の仕事をマサチュセッツのCambridgeに移す。

「ファイザーだけが最近病気のメカニズムの解明が進んだ神経科学のような特定の領域に力をいれ、内科のような広範な領域から撤退しているのではない」と以前のNovartisの幹部で現在のConcordにあるがんに特化した会社Kew GroupのCEOのJeffrey Eltonは述べている。大きな病気の領域は薬の認可審査を通すのが非常に難しい。「研究費カットの精神はより少ない研究でより多くのビジネスを行なうことだ」と言う。ビジネスがファイザー社の最も重要な精神のようだ。ブロックバスター薬(非常に多くの売り上げを誇っている薬、通常1000億円以上)のコレステロール低下剤のLipitorの権利が今年で消滅する。10年前には売り上げの50%に及んでいたが現在では15%に落ちている。実際、製薬企業は新たな薬の開発が少なくなってきていることなどより、財政的な圧力に直面している。このような条件下ではより有望な研究でさえ中止される。11月にロッシュ社は3年間で4億ドル費やした後、RNA干渉研究部門をなくした。
どの研究に投資するかの決定は大きいか小さいかなどの会社の力にもよる。 Dolstenは「薬を開発したいと思うある領域があっても、その開発は自分でやるより特殊なすきまを狙う小さな会社と共同した方がいいと決断するであろう」と述べている。

共同研究、特にアカデミーの研究者との共同研究を望むのはファイザーがなぜSandwichオフィスを閉じたかを説明している。その閉鎖は英国政府にショックをあたえ、国会議員はその決定に対し質問をした。その移動はEltonをも驚かせた。なぜなら米国のように英国政府も基礎研究を重視して投資しているからだ。しかし英国の民間のバイオテク産業は米国に比して小さく、起業が少なく、共同研究が限られている。

それに反し、ファイザー社が研究施設を作ろうと計画している、Cambridgeは多くの小さなバイオテック会社が集中し、有能な人材を持ったトップの大学と近い。1990年の後半から、殆どの主要な製薬企業はCambridge近郊にオフィスを持った。ファイザー社もカルフォルニア大学、サンフランシスコ校医学部や7つのNew Yorkの医療機関と提携した。

要するに、ファイザーや関連会社は研究開発を外注し始めたということだ。彼らは基礎研究は金がかかり失敗の可能性が高いので、その一部のみに集中して研究開発する事にした。とTufts大学の創薬研究センター所長のKenneth Kaitinは言っている。多くの場合、大きな製薬企業をハングリーな状態にさせ、他の機関に生物学的背景を調べさせ有望なリード化合物を見つけ出さすほうが、単純に経済的である。
製薬企業は今日外注に対してそんなに苦慮していない。Eli Lillyは2008年に動物毒性実験を外注し始めた。Wyeth(2009年にファイザーに買収)は臨床試験のデータ管理を2003年に外注した。2007年、AstraZenecaは多くの活性化合物の生産を中国に移した。製薬企業がなにもせず、いい薬の候補をすくいだし、販売するという管理のみをするようになる日が来るかもしれない。Dolstenはファイザーサイズの大きな会社が内部の研究開発スタッフのみから利益をあげうるとは思っていない。Marketingやfundingを行なうのみならず、研究開発の技術を売ることも望んでいる。これがcriticalな要素だ。

Kaitinは言う「自然に道路を歩くように、会社はさらりと外注を始め出し今までやっていた研究を止める。」そして更に付け加える「多くの人々の意識を驚かせる。われわれは研究室のベンチからのみ薬局の棚に並ぶ薬剤を作る事ができると長い間思っていた。しかし、財政的圧力が高まるにつれ、多くの伝統的な分子のゆりかごから分子の墓場までを行なって来た会社は基礎的な科学を自社でおこなう必要がますますなくなると思うようになってきた。

新薬の開発にかかる研究開発費が膨大になり、すべての領域をカバーすることが不可能になった今、製薬企業は開発領域を絞り、できるだけお金をかけないで、中枢でない仕事は外注で切り抜けようとしている。そして外部の小さな会社や大学の研究者が有望なものを発見するとそれを買い取り、開発するという方向に進んでいる。その精神は自社での研究開発は程々にしてよりビジネスで儲けようと言う魂胆だ。

何もかも効率が優先され、riskyな基礎研究には投資しなくなって行く傾向が益々著明になっている。日本の研究開発費も名目は基礎研究の予算で、その額は増えているけれど、実態はひも付きの応用を目指した予算だ。ひも付きでない基礎研究予算の獲得は厳しい競争に晒され、獲得が年々難しくなっている。競争的研究費の獲得に当たり、審査員に全く領域とは異なる分野の人や企業の人が多く、それはそれで公平さを言う意味ではいいのだが、すぐに役立つ研究を求める。これでは基礎研究は成り立たない。基礎研究者も何らかの応用研究をしながら細々と今までの研究を続けるという我慢をしなければならない事態を招いている。

今までの日本の良さは貧しくとも自由に好きな研究ができ、長期展望が持てたことで、アメリカの様に短期に成果をあげないと首になるというびくびくしながらの綱渡り研究ではなかったことである。しかし、いまや若い研究者を見ていると短期の任期付き雇用で、不安要素を抱えながらの研究で、腰を据えて研究できない。いつからこんな情けない日本になってしまったのであろう。これで基礎研究を重視していると思っている政治家やお役人の頭はどうにかしている。アメリカ的な会社経営が日本に向かないように、アメリカ的な研究方式が日本に向くとは限らない。
スポンサーサイト

絶滅恐竜とほ乳類の進化

2011年02月09日 18:49



「Nature」誌に発表された研究(Mammal rise 'not linked' to dinos)によると、6500万年前に起きた恐竜の絶滅は、ほ乳動物一族の進化にはほとんど影響して いないらしい。

既存の化石データと遺伝子分析によって、ほ乳動物達につい ての「supertree(生命の木)」を編纂した結果、ほ乳類の大きなグループである 「placental mammals(胎盤性ほ乳動物)」が 実際に地球上に姿を現したのは「9300万年前」という、まだ恐竜達が地球を支配 していた時期で、さらに爆発的にその種類が増加したのは、5500万年前の「Eocene Epoch(始新世期)」になって、急激に地球が温暖化してからだということが分かって来た。

さらに、Cretaceous(白亜紀)に支配的な種である恐竜達と同じ時代を生きて いたほ乳動物達が、現代のほ乳動物達の直接的な祖先なのかどうか、という事に ついても疑問視されている。

私達人類が属する「ほ乳動物」の中の大きなサブ・グループである「placental mammals」が、姿を現した時期も、種類が爆発的に増加したのも、直接 恐竜とは関係しない時代だ、という事ならば、私達ほ乳類が現在の世界で今の 地位を得たのは、単に適した環境が存在していたから、という偶然の結果なのだろうか?

… だとしたら、自らの種に適した気候が消滅した事によって絶滅が促進されて いった恐竜を始めとする多数の生物達と同様に、私達ほ乳類も生存に適さない 環境が生じた時に「滅びの道」をたどる事になるのだろうか …

ほ乳動物達について編纂された最も完全な系統図「supertree」により、霊長類達やげっ歯類達のような異なるグループが、どのように関連づけられるのか、またそれらがいつ分岐したのかが分かって来た。
恐竜達が地上を歩きまわっていた「Cretaceous Period(白亜紀)」には、 ほ乳動物達は比較的数が少ない勢力だった。そして彼等は古代の爬虫類達 によって支配された生態系の中で、多様化し発展する事を妨げられていた。


従来の視点では、恐竜の絶滅はほ乳動物達にのしかかっていた重圧と抑制を取り除き、ほ乳動物が多様化し繁栄することを可能にした。また その事によって地球では、ほ乳類が現在のような支配的な地位につく事が可能になったというものだった。

このモデルの下では、大規模絶滅の後に生じ、迅速に進んだほ乳動物の 中の大きなサブ・グループである「placental mammals」達の進化は、小惑星または彗星の地球への衝突よって引き 起こされた6500万年前の著しい地球の変化、K-T boundaryによるものだ、と考えられている。つまり「恐竜達を絶滅状態に追い込んだ隕石の衝突は、彼等が必要としていたきっかけをほ乳動物達に与えたのだということだった。
しかし今回編纂された「supertree」では、「placental mammals」は9300 万年前という、まだ恐竜達が地球を支配していた、隕石衝突が発生した 時期よりもかなり前に、既にサブグループへと分岐していた事を示している。
これらのサブ・グループが誕生した後は、ほ乳動物達の進化の割合は低下し、5500万年前の「Eocene Epoch(始新世期、5,500万年前ー3,600万年前)」になるまで、再び低いままになっていた。

「Palaeocene(暁新世)」と「Eocene(始新世)」の間に存在する境界に存在している岩石と海底堆積物の構成は、その1000年という短い間ではあるが世界的名規模で温度が摂氏6度ほど上昇した事を示している。 それは「thermal maximum」として知られている。
Eoceneの始まりは、急激な地球温暖化とほ乳動物の一団の多様性の爆発に よって特徴づけられる。ほ乳類はすでに胎盤類と有袋類に分かれて進化していたが、この時期ほ乳類のバリエーションを一気に増して行った。南米大陸やオーストラリアでは有袋ほ乳類が勢力を拡大し、進化してきたが、現在では肉食大型獣のいないオーストラリアのみで勢力を広げ多様な種が現れている。一方南アメリカ大陸では大型肉食有袋類で牙を持ったティラコスミルスが生態系の頂点に君臨していたが、地殻変動で北米大陸と繋がると北米に生息していた巨大な牙を持つ大型肉食有胎盤類のスミロドンとの生存競争に破れ300万年前に絶滅した。

placental mammal (猫、 コウモリ、クジラ、人類)の多くは、Eoceneに初めて姿を見せている。一方、恐竜達の全てがCretaceousの終わりに絶滅した わけではない。
鳥類に属さない恐竜達のうちのいくつかは、この期間の終わりに数百万年 の時間をかけて絶滅した。だからK-T境界が存在している時代に 恐竜が絶滅しほ乳類が台頭した、という古い教科書に書いてある理論は正しくない。
しかし一方で、Cretaceousのほ乳動物の化石群が、現代のほ乳動物達の祖先のもの だという考えは、未だに論争の的になっている。

古い生物学の教科書では「恐竜が何らかの理由で 絶滅し、主流ではなかったほ乳類がそこで進化する為のチャンスを得た」、と教えた。その後に、大規模な隕石衝突によって環境に大きな変化 が生じて、恐竜が絶滅したという説が唱えられ、短期間に単一の事情で恐竜が 絶滅したと考えるのは誤りだ、という反論が登場し、更には実際には鳥類が恐竜の 一員である事が主張され … その議論は尽きる事がない。科学とは現在進行形の学問なのだ、という事を つくづく感じさせる。

新たに得られた事実を冷静に判定し、先に進むという姿勢だけが、私達が 誤りに捉えられない事を保障する。どれだけ柔軟性と客観性を持てるか、 という事なのかもしれない。世界の謎を解き明かす大冒険は、まだまだ 先の長い旅のようです。

いずれにしても、生物学研究の基本はすでに存在する、生物の命や機能を司る分子群を再発見することである。そしてそれらの分子の作用機序を明らかにし、生命の成り立ちを解明することであって、化学の様に自然界に存在しない新しい機能を持つ分子(Material)を作り出す事ではない。生物学とは過去に膨大な数の生物が進化の過程で膨大な試行錯誤で完成して来た、複雑な機能を解き明かし、生物が作って来た巧妙な生命に学ぶ事にある。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。