スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂の上の雲の脇役たち

2011年04月22日 17:57


広瀬中佐
坂の上の雲の放映があっけなく終わり、また続きは年末だと言う。なんと間の抜けた番組であろうか。何を考えているかは定かではないが、細切れに一年も間を於いて続けるなんて言うやり方は民放では考えられない。

前回のクライマックスは旅順港閉塞作戦で亡くなった広瀬中佐を巡ってのお話であった。当然、主人公は秋山真之になるのだけども、日露戦争における、情報戦では独学でロシア語を習得し、ロシアに留学、続いて駐在武官としてペテルブルグに居住した広瀬武雄中佐の役割も大きい。海軍将校コヴァレフスキー伯爵の娘のアリアズナ・ウラジーミロヴナとの恋。その恋は当然、成就する訳もない。日露の雲行きがますます怪しくなり、帰国命令を受け、厳冬のシベリアを当時できかけのシベリア鉄道でイルツークまで行きそれからは犬そりで横断しシベリアを偵察。帰国後、戦艦「朝日」の水雷長として日露戦争に出征、日露開戦で旅順港閉塞作戦が発動されるや志願して、第一回の「報国丸」、ついで第2回の「福井丸」指揮官として参加する。閉塞作成終了後、撤退時に行方不明となった部下杉野孫七上等兵曹を助けるため船内を3度捜索した後、救命ボートで脱出中頭部にロシア軍砲弾の直撃を受け戦死。享年36。

明石大佐
ロシアに、仏、独に続く3回目の公使館付武官として1902年、派遣された。開戦前の明石には際立った活躍はみられない。明石には海軍の広瀬武夫にあったヨーロッパ的な知性の素地がなかったし、風貌においても見劣りがしたから、社交界に溶け込んで情報を得ることができなかったものと思われる。それから2年後に日露戦争が始まる。

 その明石に、開戦を前にして児玉は秘密命令を発するとともに100万円の工作資金を送った。国家予算が2億5000万円程度だった時代の100万円である。現在の金額に単純に換算すると2000億円を超える金を、明石に預けたことになる。
 このような巨額の資金を一個人に預けるということ自体が賭けであるが、そもそもは日露戦争自体が大博打の性格をもった戦争だった。国家予算をすべて注ぎ込み、兵力を根こそぎ総動員し、文字どおり国を挙げての総力戦だった。

 ペテルブルクの日本公使館は、開戦によってストックホルムに拠点を移すことになり、明石の謀略工作はロシアを離れたこのときから活発になる。明石ら公使館員は、ストックホルムでは予想外の大歓迎を受けた。ポーランドとフィンランドはロシアの属国となって久しく、かつての強国スウェーデンも、帝政ロシアの領土拡張政策の前に危機に曝されていた。大歓迎は、こうした東欧諸国の対露感情の表れだった。

日露戦争における明石の業績は、豊富な資金を東ヨーロッパの反ロシア勢力にばらまくことを通して、帝政ロシアの根幹を揺るがしたことにある。日露戦争の開戦が1904年2月、翌1905年5月には「血の日曜日」と呼ばれる事件を契機とするロシア第一次革命が始まっている。日本海海戦が同じ5月の末、講和条約の締結は、4か月後の9月である。もともとが陸軍国であるロシアは、自国内で戦うかぎりでは、海軍を失っても戦闘を継続するうえで大きな支障はなかった。
 それを考えると、講和の決め手になったのは日本海海戦の敗北ではなく、国内の革命であったことが浮彫りになってくる。明石の業績は、その革命を促進したことにある。

明石の謀略工作の足跡は全ヨーロッパに及び、彼が工作して歩いた跡にことごとく帝政ロシアに対する反乱が起こるほどに成功した。ここから、明石の活躍を師団規模の兵力に匹敵すると評する見解がある。参謀本部編『機密日露戦史』はその一つで、「日露戦役戦勝の一原因もまた明石大佐ならざるか」と記している。一方、それ程の影響力はなかったという人もいる(21世紀「坂の上の雲」読本洋泉社ムック)の「明石元二郎は何をしたのか? 謀略の日露戦争~明石工作の虚像と実像」)

中秋の名月の日ストックホルムに降り立った。すでに季節は初頭、寒々とした空に満月が煌煌と輝いていた。

荒涼の満月
月光寒々と天空に冴え、木の葉落とした樹々の影を浮かび上がらせる。
満ちた月の輝きに星々は顔色を失い、月だけが煌煌と夜のしじまに君臨する。
北欧の荒涼たる原野に登る中秋の名月を仰ぎ見、遥かなる故国を思いやる。
今は遠い昔、月光を背に闇の街路へ消えて行く男。
遠い異国、遠い昔。ここにも日本男子の活躍あり。
満ちた月に浮かび上がる教会の尖塔。静寂と寂寥。まさにこれぞ旅愁。

ストックホルム及び郊外(写真1-3)および冴え渡る満月(写真4)
[坂の上の雲の脇役たち]の続きを読む
スポンサーサイト

飛行機の原型はアルソミトラの種子だという

2011年04月02日 13:08


植物の種子の風散布
自分では動くことのできない植物は、種族を広げるためにいろいろユニークな方法をとる。まずは飛行種子の王者とも言える熱帯雨林に生息するアルソミトラの種についてのお話。
タンポポのように風に乗って飛ぶ、綿毛や羽のついた種。水に浮かんで流される実。動物や人の体にくっついて運ばれる種。 鳥やけものに食べてもらって、遠くへ運んでもらい、糞として地上に撒かれる種。植物は種子を如何に遠くへ運び、繁殖させるかに知恵を絞っている。
赤くて甘い実はエネルギーや栄養を多く含んでいて、野生動物にとってはごちそう。植物はわざわざ動物に食糧を与えるために果実をつけるのではない。動物にごちそうをあげる代わりに、種を遠くへ運んでもらうためである。 しかし種子が未熟なうちはしぶかったり、にがかったり、すっぱかったりして、食べられないようにして、 植物にとっては大事なエネルギーを、むだに使わない戦略を立てている。そして、色が変わることで食べごろになったことを知らせる。 植物の実が熟すと赤くなり、目立ち、甘くなり、動物にはごちそうとなる。匂いも熟した香りを遠くまで風に運ばせ、積極的に動物に気づかせる。
スミレの花はいろいろなところにはえている。 このスミレの実は、実るとはじけて種を飛ばす。種には白い固まりがついているが、じつはこの固まりはアリにとって栄養満点のごちそうなのだ。 アリはせっせと種を巣に運び、白い固まりだけを取って種本体はそのまま残るというわけ。 こうして自分では動くことのできない植物が、アリという動物を使って分布を広げることができる。
このような植物はカタクリやカンアオイ、ムラサキケマン、スズメノヤリなどいろいろとある。アケビの種もアリが運ぶといわれてる。
スミレ、ムラサキケマンのように実がはじけ飛ぶタイプのもの、 アケビははじけないが、鳥や動物に食べられて分布を広げる。自力で散布するものと他力で散布するものと二重の分布拡大作戦がある。更にスミレはヒョウモンチョウ、カンアオイはギフチョウ、 ムラサキケマンはウスバシロチョウとチョウの食草になって運ばれるものもある。それにしても、昆虫と植物の長い進化の過程での共同作業というか、植物による動物だまし作戦というかにはドラマを感じる。
風に乗って種を運ぶという戦略をとる植物は、①種についた翼によるもの(カエデ類、ツクバネなど)、②種についた綿毛によるもの(タンポポ、ススキなど)、③種が微小でそのまま風に乗る(ラン科、モウセンゴケ)、など3種類に分けられる。
 その中で、風散布の王者とも言えるアルソミトラ/ハネフクベの種を紹介しょう。
東南アジアに自生するこのウリ科に属する植物は、 高木に絡んで生長する蔓植物で、数十メートルに生長したところで、人の頭ほどもある大きな果実を付ける。果実は熟すと下に穴が開き、弱い風でも揺れるたびに、羽根を持った種子がふわふわと飛び出してくる。ひとつの果実の中にある種子は数百枚で、きれいに「収納」されている。ヘルメットのような大きな実をつけ、その中に薄い大きな翼をつけた平べったい種を数100個も実らせる。この種は、グライダーのように風に乗って、時には数kmも飛ぶこともあるそうだ。
マツやカエデの種子は、風を使って回転しながら落下する。しかし、熱帯雨林に生息するアルソミトラ/ハネフクベは強い風を待つことはしない。風を使わずに、絡みついた高い木からグライダーのように飛んで、種子を遠くに飛ばす。
熱帯雨林にはたくさんの木が密集していて、風がほとんどないからだ。アルソミトラは木に絡みつき、高いところからグライダーのように飛ぶことで、より遠くに種子を飛ばすことを可能とした。また熱帯では上昇気流があるので、それに乗ってさらに遠くまで仲間を広げる仕組みにもなっている。実際に、アルソミトラの種子がどのように飛ぶのかについて観察されている。50mの高さから落下して、1kmも飛んだという調査結果もある。
滑空比と呼ばれる、落下に対する滑空距離が4:1であることが分かった。つまり、1m落下するごとに、4m滑空することになる。風があればさらに遠くへ飛ぶことができるはず。
このアルソミトラの種子の翼をヒントに、安定した翼の飛行機の平面図が作られた。ちょうどライト兄弟が世界初の人を乗せた飛行を成功させたころ、オーストリアの設計者イグナティウスとその息子イゴの二人は自然をヒントに飛行機を飛ばせないかと考えた。そして、イゴはアルソミトラ・マクロカルパの種子の滑空に関する論文を目にして、人が乗ることのできるアルソミトラ型グライダーを造り飛行に成功させた。このグライダーはやがて第一次世界
大戦中のドイツの航空機へと発展していったそうだ。このようにして完成した飛行機は、どちらかというと鳥に似た姿となり、「タウベ(Taube)」と名付けられた。タウベはドイツ語で「ハト」という意味。おなじみのハングライダーや現在最も進歩したステルス戦闘機も、空気抵抗の少ない、アルソミトラの種子の原理をヒントに造られたそうだ。
なんとも自然恐るべし。まだまだ人間の英知は自然の神秘にはかなわないようだ。生物学をやっている研究者はまだまだ自然から学べということでしょう。
アルソミトラの種の飛行映像
www.youtube.com/watch?v=9fC_8QemWc8


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。