スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北大震災で日本沈没?

2011年07月13日 18:28

ポルトガル大震災に学ぶ

神戸での揺れは船に乗っているが如く、長い横揺れで激しいものではなかった。しかし波のうねりのような横揺れになにかしらとんでもない大地震が起こっているのではないかといういやな予感がした。それが3月11日に起こった東北大震災であった。

神戸、淡路大震災も都市機能を壊滅状態に陥れたが、不幸中の幸い津波に襲われなかっただけ、復興も速かった。今回の東北大震災は地震で家屋が壊されただけでなく、津波に襲われた街は跡形もなく消え去り、がれきの山となってしまった。それに追い討ちをかけるような原発の事故である。この三重の苦しみの中、まだ地震や津波の被害からは遅まきながら徐々に復興してきたが、原発事故だけは短期間では解決できない。原発事故が収束に向わず、いつ終わるともない果てしない戦いがこれから続きそうだという予感が日本の未来を暗くしている。一見のどかに花々の咲き誇る、田園地帯やなにげない里山にも放射能汚染が及び、何十年も立ち入りが出来ず、水田や畑を耕す事もできず、牛や家畜を飼う事もままならず、ましてや人が住む事もできない不毛地帯になってしまった。全く津波ですべてを破壊尽くされたならまだ理解ができるが、のどかな蝶の舞う田園風景が不毛だとは想像できない。
まさに地震、津波、原発事故の3重苦。この先日本はどうなってしまうのだろう。

18世紀のポルトガル。大航海時代の覇権をスペインや英国と争っていた。1755年11月1日、今回の東北大地震と同じ規模のマグニチュード9.0の地震が起こり首都リスボンの85%の建物を破壊しつくした。石作りの民家は倒れ、その下敷きなって数万の市民が生き埋めになった。
さらにしばらくして、海の底が見える程、沖へと引いていた海水が一転、15mほどの大津波と化して、リスボンの街に襲いかかった。浅瀬や空き地などに避難していた生存者は、なすすべもなく怒濤に飲み込まれ、津波だけで1万人の市民が犠牲となった。最終的な死者の総数は6万人に達したとも言われる。一夜のうちに数万人の犠牲者をだし、首都機能は完全に壊滅した。これがリスボン大災害である。
それをきっかけにしてそれまで海上貿易で世界を席巻していたポルトガルは傾き始め、2度と歴史の大舞台には登場しなくなり、凋落してしまった。それだけに留まらず、経済破綻とやらでユーロのお荷物にもななってしまった。

リスボン大地震が起きたときのポルトガルを取り巻いていた状況と、日本の現状はよく似ている。たとえば、もともと大航海時代にスペインと並ぶ強国だったポルトガルだが、地震が起きた当時はイギリスなどにその地位を取って代わられようとしているときだった。一方、日本も東アジアの盟主の座を中国に奪われるかどうかの瀬戸際で、今回の東日本大震災に見舞われた。
つまり、日本もいずれポルトガルのように落日を迎え、二度と経済大国として復活することはないかもしれないというのだ。

ポルトガルはEU諸国ではギリシャ、アイルランドに次ぐ3ヵ国目の財政危機だが、エコノミストの間ではいま、このポルトガルと日本の姿を重ねて、日本もポルトガルのようになるのではないかと危惧する声も出ている。日本がポルトガルの様に凋落していくのか、はたまた第2次世界大戦後の日本の様に再度不死鳥の様によみがえる事が出来るのか、これぞ全てが我々の頑張りにかかっている。
スポンサーサイト

インパクトファクター騒動

2011年07月02日 14:04

今年もまたインパクトファクター(2010年)の発表があった。ジャーナルにとってみればどれだけインパクトファクターが取れるかは重大で、それによってジャーナルのステータスが決まるくらいの大関心事である。
しかしふたを開けてみれば、今年の傾向は代わり映えもせず、Nature, Cell, Scienceの御三誌が圧勝し、NatureとCellの姉妹紙がそれに続くという形であった。
それだけでは面白くないので、深く掘り下げ、どのジャーナルがインパクトファクター(IF)を伸ばし、どのジャーナルが減少させているのかを比較し、どの研究領域が将来有望なのかなど、IFから見た研究のトレンドを調べた。

全体的に見て、主要なジャーナルはいずれもIFを昨年より2ポイント近く伸ばしている。今年もNew England J Med (IF:53.484)を筆頭にNat Genet (37.377), Nature (36.101), Lancet (33.633), Cell (32.401), Science (31.364), Nat Biotech (31.085)が30以上で Cancer Cell (26.925), Cell Stem Cell (25.943), Nat Immunol (25.668), Nat Med (25.43), Immunity (24.221), Nat Method (20.717)と続き、20から10の間にはNat Cell Biol (19.407), Cell Metabol (18.207), Nat Chem Biol (15.808) Pros Med (15.617) J Exp Med (14.776) Mol Cell (14.194) Nat Neurosci (14.191), Neuron (14.027), Dev Cell (13.946), Gene Dev (12.889) が入りEMBO J (10.124) は10以上に返り咲き, Curr Biol (10.025)までが10以上でJ Cell Biol (9.921), ProNAS (9.771)は残念ながら10に届かず, Cancer Res (8.234), EMBO Rep (7.522), Oncogene (7.414), Development (6.898), FASEB J (6.515), J Cell Sci (6.29), Mol Cell Biol (6.188), Mol Biol Cell (5.861), J Biol Chem (5.328)と続く。

まずは御三誌の比較。Nature, Cell, Scienceを比較してここ5年間で一番IFを伸ばしたのはNatureで2006年に29.601であったのが2010年には36.101と6.5ポイント伸ばした。一方、Cellは29.194から32.401で3.207ポイント伸ばし、Scienceは30.028から31.361と1.333ポイントの微増であった。ここ5年で著しくIFを伸ばしたのはNat Genetで24.176から36.377へ12.201ポイント上昇、Nat Biotechは22.672から31.085へと8.413ポイント、Cell Stem Cellは3年前に発刊された時のIFが16.826であったのが25.943へと9.117ポイント伸ばし大躍進。 Nat Methodが14.969から20.717へ(5.748ポイント)と、Immunityが18.306から24.221へ(5.915ポイント)と中躍進。主要なジャーナルが軒並み伸ばしているのに対し、反対に落ちたのはNat Med が28.588から25.430へ、Gene Devが15.051から12.889と減少傾向。
今後発展して行くだろう研究領域としては、唯一Nature本誌よりも高いIFを誇るNature Genet (37.377)の伸びからも分かるように、①疾病関連の遺伝子の解析、エピジェネテックスやmiRNAなどをあつかう遺伝子解析の領域や②Cell Stem Cell (25.943) の様にES細胞、iPSなどを扱う幹細胞、再生医療関係や③Nat Biotech (31.085)やNat Method (25.43)のように新しい技術開発を扱う領域が挙げられる.
 免疫関係はImmunity (24.221)は伸びているがNat Immunol (25.668)やJ Exp Med (14.776)などは横ばいで全体としては横ばいか? Nat Neurosci (14.191)やNeuron (14.027)などは免疫系に比して全体的に低く、脳、神経系のジャーナルのIFは伸び悩み。Dev Cell (13.946), Curr Biol (10.025), Development (6.898)など発生,分化を扱う雑誌も横ばい。Nat Cell Biol (19.407) やJ Cell Biol (9.921)、J Cell Sci (6.29), Mol Biol Cell (5.861)などの細胞生物学も横ばいが続く。がん関係は圧倒的にぶっちぎりのIFを誇るCancer Cell (26.925)を筆頭にJ Clin Oncology (18.97), J Natl Cancer (14.697), Cancer Res (8.234)など引き続き関心の高い分野となっている。

Review 誌としてはAnn Rev Immunol (49.271), Nat Rev Mol Cell Biol (38.65), Nat Rev Cancer (37.178), Nat Rev Immunol (35.196), Nat Rev Genet (32.745), Ann Rev Biochem (29.742), Nat Rev Neurosci (29.51) とAnn Rev誌とNat Rev誌の独占状態。以前人気のあったCurr Opin Cell Biol(13.54)やTrend Cell Biol(12.14)はあえなく沈没。これらRev誌からうかがえるのは免疫、細胞生物、がん、遺伝子、生化学や神経科学が一般的に関心の高い分野となっていることが分かる。

本邦の英文誌を比較してみるとCancer SciとCell Struc Functが3以上になり一方Gene Cells が3以下にJ Biochemは相変わらず2すれすれを行っている。5年間の変化はCancer Sciが3.869から3.846と横ばい。Cell Struc Functが2.143から3,263へと上昇、Gene Cellsが3.517から2.889と低下、J Biochemは1.963から2.145と殆ど変動無し。

IFの変動から世界の研究動向をうかがうと、おおよその将来が予測できる。新しい分野としてはイメージングや新たな測定技術などの開発(NatBiotechやNat Method)とかChem Biol (Nat Chem Biol)などの化学の生物応用領域やSystem Biol(9.532)などが台頭して来ている。一方、一般的な分子生物学や生化学をあつかう雑誌は長期低落傾向か?ただ生化学でも代謝を扱う領域はリバイバルしている。IFの高さは研究の流行に左右され易い。流行のみを追い求めるのはいかがと思うが、流行している分野はどんどんと領域が広がり、新設講座も増え、採用ポジションや投入されるお金も増えるので、あながち無視も出来ない。判断に難しいところである。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。