スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐和山城と彦根城

2012年06月19日 17:39

交通の要所を守る城

現在の彦根市は琵琶湖畔の井伊直弼縁の城下町として栄えている。この地は中山道と北陸道が交わる交通の要所として、古来より最重要拠点の一つであった。そこで秀吉は最も信頼していた石田三成に佐和山城を収めさせ、東に睨みを効かしていた。しかし徳川の天下になると、佐和山城は破壊尽くされ、そこから数百メートル離れた湖畔に家康は最も信頼できる井伊直政に彦根城を築かせ西に睨みを効かせた。

佐和山城

佐和山城の歴史は、鎌倉時代、近江守護職・佐々木荘地頭であった佐々木定綱の六男・佐保時綱が築いた砦が始まりとされ石田三成の居城として有名で、「治部少に過ぎたものが二つある。 嶋左近に佐和山の城」と云われている。
天正10年(1582年)6月の本能寺の変の後に行われた清洲会議では、明智光秀討伐に功があった堀秀政に与えられ、秀政は翌年に入城した。これ以降は事実上、豊臣政権下の城となってゆく。堀秀政の留守中は弟の多賀秀種が城代を務めた。天正13年(1585年)には、転封となった堀家に替わって堀尾吉晴が入城。さらに、天正18年には五奉行の一人である石田三成が入城した。三成は、当時荒廃していたという佐和山城に大改修を行って山頂に五層の天守が高くそびえたつほどの近世城郭を築き、人をして「治部少(じぶのしょう。三成のこと)に過ぎたるもの二つあり 島の左近と佐和山の城」と言わしめた。ただし、三成は奉行の任を全うするために伏見城に滞在することが多く、実際に城を任されていたのは父の正継であった。
三成は関ヶ原の戦いに万が一敗北した場合を考え、佐和山城での再戦を意図していたとされる。
慶長5年(1600年)9月15日の関ヶ原の戦いで三成を破った徳川家康は、小早川秀秋軍を先鋒として佐和山城を猛攻撃した。城の兵力の大半は関ヶ原の戦いに出陣しており、守備兵力は2800人であった。城主不在にもかかわらず城兵は健闘し、敵を寄せ付けなかったが、やがて城内で長谷川守知など一部の兵が裏切り、敵を手引きしたため、同月18日、奮戦空しく落城し、父・正継や正澄、皎月院(三成の妻)など一族は皆、戦死あるいは自害して果てた。
石田氏滅亡の後、徳川四天王の一人である井伊直政がこの地に封ぜられ、入城した。三成は領地にて善政を敷き、領民からも大変慕われていたため、直政はその威光を払拭するべく、新たに彦根城築城を計画した。しかし、直政は築城に着手できないまま、慶長7年(1602年)に死去。計画は嫡子の直継が引き継ぐこととなり、大津城・佐和山城・小谷城・観音寺城などの築材を利用しつつ、天下普請によって彦根城を完成させている。佐和山城は慶長11年(1606年)、完成した彦根城天守に直継が移ったことにともない、廃城となった。
佐和山城の建造物は彦根城へ移築されたもののほかは徹底的に破壊されたため、城址にはほとんど何も残っていない。佐和山城跡の立て看板があるだけ(写真1-2)。

彦根城

関ヶ原合戦に功のあった井伊直政は、慶長6年(1601)徳川家康から近江国石田三成の旧領十八万石を与えられた。
 上州(群馬県)の高崎三万石から佐和山城に入った直政であったが、城は落城した惨状のままで、とても使えたものではなかった。しかも、修築しようにも中世の山城で交通が不便なうえ、戦闘形態が鉄砲主体の時期には不適当な城だったので、新たに近世城郭の建設を、西の湖畔の磯山に築城しようとした。しかし、直政は、関ヶ原の合戦時島津勢を追撃した時の鉄砲傷が原因で慶長7年に病没し、かわって嫡男の直継(のちの直勝)が家督を継ぎ、父・直政の意志を継いで築城にあたった。

彦根は湖と山の間、5キロメートルほどの狭い平地に立地する交通の要衝で、中山道と北陸道(北国街道)が合流し、水陸から京に至る東国と西国の結節点であり、壬申の乱(672年)・姉川の戦い(1570年)・賤ヶ岳の戦い(1583年)・関ヶ原の戦い(1600年)など、古来、多くの合戦がこの地域で行われた。 戦略拠点としてその点に注目され、織田信長は佐和山城に丹羽長秀を入れ、ほど近い長浜城を羽柴秀吉に与えている。 また、豊臣秀吉と徳川家康はそれぞれ譜代筆頭の石田三成と井伊直政を、この地に配置している。
築城に際し、家康は、伊賀・伊勢・尾張・美濃・飛騨・若狭・越前の七ヶ国十二大名に協力を命じるなど、一大名の築城ではなく幕府の総力をあげた国家的事業となった。築城開始が慶長8年(1603)(9年説も)で、天守は二年足らずで完成したが、さらに元和2年(1616)から表御前の造営をはじめとする城郭改造や外郭の拡張整備等の第二期の工事を行なって、三代目直孝の元和八年(1622)ようやく完成という二十年の歳月をかけた大工事だった。
これだけの大がかりな築城の裏には、家康にとって、この地方における信長・秀吉時代の残影を徹底的に取除こうという意図もあったといわれる。
 この時、天守は近くの京極高次の大津の城から移されたと伝えられ、西の丸三重櫓は浅井長政の小谷城から、天秤櫓は豊臣秀吉の長浜城から、太鼓門は石田三成の佐和山城からといったように、各所の城から運び込んで移築されたといわれる。
城地の亀山(彦根山)は琵琶湖にのぞむ(写真3)独立した小丘で高さ136m、山上に本丸を置き、その西北一段低く西の丸を設け、本丸の東南には空堀をへて太鼓丸、鐘の丸の郭を造成した。
 山麓に主郭、三の丸を造り、堀には湖の水を引き入れた(写真4)。主郭には御殿があり、ここが藩主の住まいと政庁だった。
 現在の天守(写真5-6)は三重三階で小規模であるが、初層の四方にそれぞれ二つずつ切妻破風を、上層には唐破風をかけ、最上層の窓を火頭窓にするなど、変化に富んだ姿をみせている。

 彦根城は天守だけでなく多くの櫓(写真7-8)を残しており、城郭としてのまとまった美しさを今日に伝える数少ない遺構の一つである。
井伊氏ははじめ十五万石の石高であったが、大坂の陣の戦功で五万石加増、さらに寛永10年(1633)に十万石の加増、別に預け高と称する五万石があったので三十五万石の大大名となった。
 万延元年(1860)3月3日に十三代藩主で大老職にあった井伊直弼(生誕の地を示した写真9)が水戸藩士などに襲撃斬殺されたため幕府としても仕方なく十万石の減封処分とした。ために幕末には二十五万石の石高であった。
 井伊氏によって築かれた彦根城は、そののちの明治維新を迎え、廃藩置県まで一度の領主替えもなく井伊氏十四代が在城し続けた。
 
[佐和山城と彦根城]の続きを読む
スポンサーサイト

天誅組蜂起

2012年06月06日 17:35

早すぎた蜂起

明治の世がまさに明けようとしていた1863年(文久3年)8月17日(旧暦)、天誅組は五條代官所を襲撃、代官鈴木源内を殺害し倒幕運動の烽火を上げた(天誅組の変)。
天誅組の本陣は桜井寺(五條市須恵、本陣交差点の近く)に置かれ、一時「五條仮政府」を名乗った天誅組は、幕末に公卿中山忠光を主将に志士達で構成された尊皇攘夷派の武装集団であった。しかし大和国で挙兵するも、幕府軍の追討を受けて壊滅した。

まさに明治維新目前の蜂起であったが、時に利あらず、結局は暴徒の蜂起として抹殺されてしまう。何事を成すにも早すぎても遅すぎてもダメで、事を行なうには時というものがある。研究に於いても、いくら良いアイデアであったとしても、それを実験的に裏づける必要があり、実験的に証明するための技術がその時に無ければ,机上の空論となる。技術の開発と相まってタイミングよくアイデアを思いついた人が勝者となる。歴史に於いても時代の流れにうまく乗ったものが生き残り、勝者となる。

天誅組の変の時系列

1863年8月13日
孝明天皇の神武天皇陵参拝、攘夷親征の詔勅が発せられる(大和行幸)。土佐脱藩浪士の吉村寅太郎ら攘夷派浪士は大和行幸の先鋒となるべく、攘夷派公卿の前侍従中山忠光を主将に迎えて京を出発した。これに従軍した半田門吉の『大和日記』によると結成時の同志は38人で、そのうち18人が土佐脱藩浪士、8人が久留米脱藩浪士であった。このほか淡路島の勤皇家で大地主であった古東領左衛門は先祖代々の全財産を処分し、天誅組の軍資金として供出した。
8月17日
幕府天領の大和国五条代官所を襲撃。代官鈴木源内の首を刎ね、代官所に火を放って挙兵した。桜井寺に本陣を置き五条を天朝直轄地とする旨(写真1-3)を宣言し、「御政府」あるいは「総裁所」を称した。五条御政府と呼ばれた。
しかしながら歴史の流れは皮肉にも、一日にして激変。川の流れはそのまままっすぐに海に注がれることはなく、湾曲した流れとなる。翌日、長州藩が京都から追い出された文久の変(八月十八日の政変)がおこった。

8月18日
この政変で会津藩・薩摩藩を中心とした公武合体派が京都での支配権を握り、長州藩を主とする尊皇攘夷派を京都から追放した。
午前1時頃、中川宮と松平容保、ついで近衛忠熙(前関白)・二条斉敬(右大臣)・近衛忠房父子らが参内し、早朝4時頃に会津・薩摩・淀藩兵により御所九門の警備配置を完了した。そこで在京の諸藩主にも参内を命ずるとともに、三条ら尊攘急進派公家に禁足と他人面会の禁止を命じ、国事参政、国事寄人の二職が廃止とされた。8時過ぎから兵を率いた諸藩主が参内し、諸藩兵がさらに九門を固めた。
かかる状況下での朝議によって、大和行幸の延期や、尊攘派公家や長州藩主毛利敬親・定広父子の処罰等を決議した。長州藩は堺町御門の警備を免ぜられ、京都を追われることとなった。

8月19日
長州藩兵千余人は失脚した三条実美・三条西季知・四条隆謌・東久世通禧・壬生基修・錦小路頼徳・澤宣嘉の公家7人とともに、妙法院から長州へと下った(七卿落ち)。京の攘夷派は失脚してしまい、大和行幸は中止となり、天誅組の蜂起も無意味になってしまった。
一日にして情勢が変わり、挙兵の大義名分を失った天誅組は「暴徒」とされ追討を受ける身となった。天誅組は天の辻の要害に本陣を移し、御政府の名で武器兵糧を徴発し、吉村寅太郎(写真4)は五条の医師乾十郎とともに十津川郷に入り、反乱に加入を説得。その結果、野崎主計ら十津川郷士960人を募兵して兵力は膨れ上がったが、烏合の衆に過ぎずその武装は貧弱なものだった(写真5経過説明)。
天誅組は高取城を攻撃するが、少数の高取藩兵の銃砲撃を受けて混乱して敗走。この時点で三河刈谷藩から参加していた伊藤三弥のように早々に脱走するものもあった。

幕府は諸藩に命じて大軍を動員して天誅組討伐を開始する。天誅組は激しく抵抗するが、主将の中山忠光の指揮能力が乏しいこともあり敗退を繰り返し、しだいに追い詰められる。朝廷から天誅組を逆賊とする令旨が京都在住の十津川郷士前田雅楽に下され、急遽現地に赴いた前田は十津川郷士を説得。ここに主力の十津川勢が9月15日に離反。郷士代表の野崎は責を負い自害する。写真6は吉村寅次郎筆の皇居

9月19日
忠光は天誅組の解散を命じる。残党は伊勢方面へ脱出を図るが、鷲家口(奈良県東吉野村)で幕府軍に捕捉され壊滅した。吉村寅太郎は傷が悪化して歩行困難となり、一行から遅れ、駕籠に乗せられて運ばれていたが、27日に津藩兵に発見され射殺された。享年27。
中山忠光ら七名は長州藩に脱出した。長州藩は忠光の身柄を支藩の長府藩に預けて保護したが、元治元年(1864年)の禁門の変、下関戦争、第一次長州征伐によって藩内俗論派(恭順派)が台頭すると、潜居中の同年11月9日の夜に長府藩の豊浦郡田耕村で5人の刺客によって暗殺された。
しかしながら、忠光が長州藩に逃れたわずかの期間に生まれた 仲子が明治維新後正親町三条家(嵯峨家)の嵯峨公勝夫人となり、血縁は今に繋がった。その子嵯峨実勝の娘である浩(ひろ)はひ孫にあたるが、清朝のラストエンペラーとなった愛新覚羅溥儀の弟溥傑の嫁さんであるという。ご存知のように溥傑、浩さん夫婦は日本の敗戦により数奇な運命を過ごす事になる。浩の遺骨は、山口県下関市の中山神社(中山忠光を祭った神社)の境内に建立された摂社愛新覚羅社に、長女の慧生(同級生と天城心中した)の遺骨とともに納骨された。

天誅組蜂起から3年後の1867年、徳川慶喜は大政奉還を建白し、徳川幕府は終わりを告げる。そして次の年の1868年には鳥羽伏見の戦いが起こり、官軍の勝利が決定的になり、歴史は明治維新に向って滔々と流れ出す。
写真1-3は天誅組本陣跡、写真4-5は吉村寅太郎の写真と天誅組の変の経過説明、写真6は吉村寅太郎筆、写真7は五條市を流れる吉野川、穏やかな流れに鯉のぼりが翻る。写真8、9は昔を思わせる町並み。

[天誅組蜂起]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。