スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石海峡の夕陽

2008年03月29日 13:39

先日明石海峡の夕陽を見に行った。春目前の穏やかな日の夕暮れであった。時間に余裕を持って日没一時間前に車ででかけた。2号線を南に下り、須磨を越えたあたりから込み始め、6時6分の日没に間に合うかどうかやきもきしながら、夕陽の傾きとの競争となった。日は刻々と傾き、車は遅々として進まず。ついに到着直前に沈んでしまった。
と言う訳で撮れた写真は太陽が沈んだ直後の、まだ残光が残っている明石海峡である。
見る見るうちに空に残っていた茜色の光も色を失い墨色へと変わっていった。すると今度は、向こう岸の淡路島の観覧車のネオンサインが極彩色となって目に飛び込んできた。沖合に大きな客船がゆっくりと海峡を南下していく。船の窓の光がゆれて次第に小さくなっていく。
夜の帳が降り、公園の照明がつき、人のいない海辺の波をかすかに照らす。そばにある孫文記念館の建物だけがライトアップされ浮かび上がる。
再度くる時には夕陽が海の彼方へ沈むのに間に合うようにと考えながら公園を後にした。
写真は日没直後の明石海峡
明石s
明石6s
明石3s
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://explore525.blog45.fc2.com/tb.php/10-878e44c7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。