スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楠正成と神戸

2009年06月29日 18:01

楠正成
楠木正成はこの戦いに敗れて自刃するのだけれど、その当時の地形は今は殆ど残っていない。肝心の湊川も大きく西の方に曲げられ会下山を掘削し地下を通っている。この川は川床が平地より高く、土手で囲まれ、たびたび氾濫を繰り返す暴れ川であったらしい。今は湊川公園になっている。湊川は、天王谷川と石井川が合流し、長田港、苅藻島付近で海へと注ぐ。この湊川は過去に2回付け替えられており、古い順に和田岬(大和田の港)へ流れる古湊川、川崎町(現在のハーバーランド・神戸港)へ流れる旧湊川、苅藻川と合流し長田港へと流れる新湊川と呼ばれる。
会下山は楠正成の陣どった山である。行ってみて分かった事であるが、以外と海からは急勾配になっている。

戦いは戦わずして撤退した後醍醐天皇方の完敗であり、国際的に取り上げられMinatogawa Battleと言われている。
Battle of Minatogawa
Date:1336
Location: near the Minatogawa river
Result: Ashikaga victory
Belligerence Ashikaga rebels : Imperial forces
Commanders: Ashikaga Takauji: Kusunoki Masashige and Nitta Yoshisada
Casualities: Masashige commits suicide

今回湊川神社、湊川公園と会下山へ行って来た。
湊川神社は楠正成を奉ったお社である。その名にふさわしく楠の生い茂った神社内で、時折、ひとが訪れてお参りしている。この神社には水戸黄門自筆の墓碑「呼忠臣楠子之墓」がある。
湊川公園には楠正成の馬上姿の銅像がある。
会下山は海側からは結構急な勾配の山で、海に至るまでが一望できる。大和田の岬に上陸してくる足利軍を迎え撃つには最適の場所であろう。会下山の中腹で思いがけないものを見つけた。世界的植物学者で日本に自生する植物を体系的に整理し、多くの名前をつけた牧野富三郎博士の研究所跡があった。
尊敬する一人である牧野博士は小学校しか出ていないのに、東京帝大教授、博士となった人物である。牧野博士についてはまたとりあげるとする。
頂上は思ったより広く、今は公園になり、桜の木が多く神戸の花見の名所になっている。この山が楠正成の陣した所だと分かるのは唯一「大楠公湊川の陣跡」の石碑のみ。
写真 1. 湊川神社の本殿 2. 水戸光圀が墓碑を書いたという碑 3. 大楠公の墓 4. 神社の正門 5. 正成の騎乗姿の像 6. 湊川跡の石碑 7.牧野富三郎研究所跡の石碑 8. 正成陣跡 9. 会下山からの風景 10. 初夏の夕焼け

P1010561.jpg
P1010572.jpg
P1010568.jpg

P1010582.jpg
P1010593.jpg
P1010596.jpg
P1010599.jpg
P1010603.jpg
P1010611.jpg
P1010616.jpg

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。