スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 蝉のはなし

2009年07月28日 12:46

蝉の嗜好

今日も朝早く蝉の大合唱で起こされた。天気のいい日は夜が明けるのを待ちかねて一斉に鳴き始める。 うるそうて寝られへん。こりゃあ地獄。えんまはんも逃げ出すっちゅうねん。蝉が鳴かない日はベットでうつらうつらしながら今日は雨なんだと安寧の一眠りをむさぼる。極楽、極楽。

今日になってふと気がついた。アパートの前の通りは大きな楠の並木になって多くの緑したたる楠があるのに、よりによってクマゼミの大軍団が鳴いているのは部屋の前にあるたった一本のケヤキの木ではないか。
なんちゅうことすんねん。なんで一本だけケヤキを植えんねん。よりによって俺の部屋の前に。なんか恨みでもあるっちゅうんか。
一匹一匹の鳴き声というより、何百、いや何千の鳴き声が共鳴してワーン、ワーンとうなりとなってケヤキの木から聞こえる。まるで部屋のまえに大きなスピーカーを置いて,大音響で流しているみたいなものだ。めっちゃうるさい。クマゼミの声はシャーシャーと大声で鳴くだけで風流もへったくれもない。せめてヒグラシのようにカナカナカナと切なくなくとか、ツクツクホウシのようにツクツクホーシ、ツクツクホーシスイッチョンとメロデイーをつけて鳴けよ。
 
歩いてくる途中観察してみた。確かに湊川神社横の楠の並木道でも、楠でないているクマゼミはごくわずかしかいない。多く鳴いているのは桜の木であったり、ケヤキであったり。よく考えてみれば楠の樹液なんかおいしいはずがない。楠が殺虫剤の原料になるくらいなのだから。蝉にしてももっと甘い、糖をたくさん含んだ樹液をなめたい。蝉はすべからく甘党なのである。しかし樹液を食するため飼育は不可能だそうである。蝉の種類によって好む樹が違うらしい。東京で主流のアブラゼミは桜の木やトチノキが好きなんだそう。関東の蝉は濃いのが好きで、関西の蝉は薄味が好きということはあるまいが。
 樹木の植生と蝉の分布とで蝉が好む樹木が決まっとん? 面白いがな。
いずれにしても、はようおっちゃんの安眠を返してっちゅうてんねん。
    Revised by native Kansai-ben speaker(8/1/2009)

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。