スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇夜のハンター

2009年08月21日 19:12

フクロウとミミズク

フクロウは今から一億年前の白亜紀に昼間の激しい競争を嫌って、夜の舞台へと引っ越し、闇夜での生活に完全に適応すべく進化して来た特殊な鳥だ。

フクロウとミミズクにははっきりとした区別はないらしい。頭部の上方に突き出た耳のようなものを羽角というが、羽角があるものをミミズク(耳付く)、ないものをフクロウと呼ぶ。フクロウといえば目が特徴的であるが両目が頭部の前面に位置し、フクロウの眼球は眼窩に固定されており、眼球を動かせない。その代わり、首をまわして、頭を真後ろに向けたり、上下に反転させたり、自由になる。フクロウの目の感度は人の100倍にもおよび、夜目がきき、両目が正面にあるため立体視が可能である。暗闇に強い目と驚異的な聴力で、暗闇でのハンテイングが可能となる。

フクロウは夜行性の鳥で、肉食で小型のほ乳類(特にネズミ)や鳥または昆虫を食べる。さらにフクロウの羽毛は柔らかく、風切羽根の周囲に綿毛がはえ、羽ばたきの音を消し、闇夜でそっと獲物に襲いかかる事ができるように進化した。この原理はJR西日本の500系電車のパンダグラフに応用され、空気抵抗の低減が計られている。フクロウの飛行速度は72 km/hでゆっくりとしている。一番速いグンカン鳥はなんと418 km/h をたたき出す。まるで飛行機並みだ。闇夜で獲物に襲いかかるのにはゆったりとした飛行の方が望ましい。フクロウが闇夜で、目を光らせ、耳をそばだて、獲物に音も無く飛びかかる姿を想像しただけで、フクロウが森の精と思われているのもうなずける。
写真1-3 ミミズク 写真4 フクロウ 写真5 ミミズク 写真6-10 フクロウ

f1.jpg
f2.jpg
f3.jpg
f4.jpg
f5.jpg
f6.jpg
f7.jpg
f8.jpg
f9.jpg
f10.jpg
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。