スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究者の宿命

2009年09月28日 17:14

論文と研究費

研究者は研究を始めた時から①論文を書かねばならない。②研究費を獲得しなければならない。③研究環境のいいポジションを得るよう努力しなければならない。 この3つが宿命的についてくる。

特に論文を出すことと研究費を獲得することはだれでも苦労することである。これが無ければ研究は楽しいものだが、この2つのプレッシャーで押しつぶされる研究者も多い。論文出版に関しては、特に最近はテクノロジーの発達で、ありとあらゆる事が実施可能となって来た。そのため、論文は微に入り細にいるデータが要求される。それにレフリーはかってな事を言って来る。できそうもないことでも平気でやる事を要求されるし、それはできないと言えば、落とされてしまう。直接証明できない場合は間接的に、上から見た時、横から見た時、下から見た時、との傍証を積み上げ、このようなことから結論は正しいと言わねばならない。やれと言われた実験を行う機械や手技を持っていない場合も、借りてでも、共同研究をしてでもやらないと一流紙には載せてくれない。面白さより確実さが一流紙の流行だ。そのため膨大なデータが必要とされ、そのデータを採るにはまた膨大な時間と苦労を要求される。超一流紙ではリバイスによってデータが倍にふくれあがる事も稀ではない。

昨今は研究の面白さよりもジャーナルのインパクトファクターの方が大切にされる。よっていかにしてできるだけいいジャーナルに載せるかが、研究費の獲得やいいポジションを得るのには重要になる。

研究費獲得にあたり、今まさに科研費などの申請書をかく時期になって来たが、大きなポイントは①研究計画が独創的で面白いか.②計画が実現可能であるか。③過去の実績がどのくらいあるか。に絞られると考える。研究の目的には今までのバックグランド、このプロジェクトがいかに独創的で、興味深く、画期的であるかを簡潔に書く。この際、この研究がインパクトが大きく、完成の暁には新しい領域を切り拓くとか,又はいかに社会の役に立つかを説得できれば通ったようなものである。

当然研究計画同様大切なのは過去の実績である。どんなにいい事を言っても実績がないと実現不可能とされる。実績があまり無い場合は萌芽的研究として、そのアイデアのすばらしさ,独創性だけで勝負する手もある。

研究内容は当然分かり易く、具体的に,図説しながら書く。またレフリーに頑張っているなとの印象を与える事も大切である。申請書を懇切丁寧に,図をいれ、分かり易く,なおかつぎっしりと書いてあると好印象を与える。

いずれにせよ研究費が採れないといくら研究をしたくともできない。ここは根性を入れて書き、だれか第3者に見てもらうくらいの熱意で頑張らないと獲得は難しい。採択率は20%―10%しかないのだから。Good luck!

シニアー研究者からの助言。

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。