スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の楠の小径

2009年10月29日 17:28

静寂と喧噪

朝の小径。あたかも水面を照らす光が、風の起こした波紋に反射して、目を眩ますように、朝の陽光が天に伸びる楠の巨木の枝の隙間から、木漏れ日となって降り注ぎ、きらきらと目に痛い。

今は夜。海に伸びる楠の坂道を帰る。楠の大木は夜空に高く背を伸ばし、鬱蒼と黒々と、あたりを睥睨している。時折吹く風にさわさわと葉づれの音だけが暗闇から舞い降りる。 天空高くやせた弧月が架かり、月影に楠の影が歩道に浮かび上がる。
ひんやりとした秋風が頬をなで、懐に包み込まれるような慈愛の影に身を寄せると、かすかに薫るかほりに心穏やか、一時世相の雑念を忘れる。
夢想する。「ひときわ大きく枝を張った楠の下。秋の澄んだ月を愛で、豊穣を願い、楠のかほりの妖精が風にのって乱舞する」

突如、薄暗い楠の小径から光溢れる通りに出る。幻想の世界から現実の世界に引き戻される。 安らぎの心が現実に打ち破られる。喧騒うるさい駅へと急ぐ。そこにはいつものありふれた夜の街が広がっている。

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。