スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎と乃木希典

2009年11月28日 16:57

日本人の精神
司馬遼太郎は「坂の上の雲」であれ程無能だとののしった乃木が実は好きだった。彼はこう述べている。「乃木さんが好きだと言う事はどうしようもない事で、好き嫌いというのは是非善悪以外の場所の感情ですからーー。しかし父親や叔父に乃木さんを持ちたいとは思いません」と。

日露戦争終結後、乃木は宮中に参内し復命書を読み上げる。軍司令官達全員が幕僚達の書いた復命書を礼服を着て読み上げたのに対し、乃木は自草自筆の名文の復命書を、戦闘服のまま読み上げた。彼一人が戦闘服で一人で戦って来たかのような様相を呈し、感動的な名文を読み、自ら感動し、涕涙甚だしく、他の司令官達はしらけきったという。

明治天皇大喪の日に乃木は自殺する。新聞記者仲間ではこんな忙しい日に自殺しなくとも、乃木は大バカだとみんな言い合っていた。その裏には乃木の殉死に対する、またスタンドプレーしやがったという倫理的疑惑があった。

しかし紙面を飾った記事は乃木をほめ讃えるものばかり。あれ程乃木を馬鹿だと罵った社長のもと、罵倒した編集長のもとで書かれた文章が結局「ああ軍神乃木将軍」であった。世の中の表裏をみせつけられた一面であった。あれ程馬鹿だと言われていた乃木将軍が一夜明ければ,馬鹿だと言っていた人によって英雄にたて奉られている。メデイアが歴史を作るとはこの事をいうのでしょうと。

稀典は常に劇的であった。司馬遼太郎は乃木が一場の劇の主人公になったかのような幻想を持ったのではないかと疑った。合理主義を愛する作家である彼は乃木に冷たい視線を注ぐのは当然かもしれない。思想をよりどころに行動を起こすタイプには警戒していた。「坂の上の雲」が書かれた当時は学生運動が華やかな頃でしたが、思想を行動の原理とする所に嫌悪を感じていた。当時の青年達のもう一つの特徴は自己を劇的に演出したがることで、よど号ハイジャック事件や浅間山山荘事件が起こる。そして自分たちを明日のジョー宜しく英雄に祭り上げていくのです。そしてこう言ってます「青年達は反抗だ、抵抗だ,革命だと勇ましい。だが元をただせば、彼らが全然知らないのか、いくらか知っていて馬鹿にしているのか分からないが乃木さんと同じではないか。しかるに乃木さんよりスケールが小ちゃくて品格がない。なによりも「あわれ」に欠けると」。

乃木は旅順陥落におけるステッセルとの降伏会議でも、ロシア側の帯剣を許し、旅順でのロシア国旗の掲揚を許し、捕虜の待遇を日本兵よりもよくし、それを各国のメデイアに公開した。本人が自覚していたかどうか分からないが、その結果、日本の評判が良くなり、特にアメリカ大統領のルーズベルトが日本びいきになった。乃木は実に戦争終結へ向けての広報活動という意味では大きな役割を果たした。

私ペンペンは乃木将軍が育った家の数件隣で幼少期をおくった。乃木将軍を悪く言う人は誰もいない環境で育って来た。司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んで、乃木への罵倒激しきに驚いた。精神論、根性論という客観性のないご都合主義で判断してはいけない。合理的に考え判断しないといけないということを「坂の上の雲」では学んだ。しかし、乃木後、軍部に儒者的考えが蔓延し、それが後の日本軍の敗因につながっていく。儒学は食糧よりも信義を説き、理財よりも道徳を説き、法治よりも仁治を説く。戦闘集団としては驚く程戦略と兵站、信賞必罰の法を無視した非合理的な集団が出来上がってしまった。そして各地で無謀な戦闘を繰り返し滅んでいった。

戦後の日本人について船曳著「日本人論」ではこう触れている。親は子供らを徹底して守りながら、個性を伸ばせと言い続けた。その結果、音楽やスポーツなども得意で、「人が人の上に立つ事を嫌い、男女が平等である事、平和がいかによいこと、争いと摩擦は極力さけなければならない」と信じる日本人が多数出現しました。しかし彼らは自由が制約との緊張関係の間に成立することを理解せず、ただ好きな事だけをして生きていく事が「個性的生活」であると短絡し、人の上に立つ事を「平等」のもとに異常に恐れ、「平和」を個人的レベルで実現するために、他者との関係を,摩擦も融和もひっくるめて拒絶した「ひきこもり」を生み出します。

「平和」の理念が誠にあやふやであなたまかせで何もしなくても平和が保てると思い込んでいる感は否めません。今のように奇跡的に平和だった社会が次の世代に受け継がれるという保証はどこにもないのです。このようないい加減で無責任な世の中、自分の都合の悪い事、才能の無さを認めなければならない、合理的で客感的な考えは受け入れられるはずもありません。現実に目をつぶり、主観的な世界に酔いしれている方が、なんと心地よく気持ちいいものだからです。

乃木将軍のお母さんは稀典が小さい頃人参をどうしても食べないので、毎日弁当に人参を入れ、甘やかさなかった。それで人参を食べれるようになったということが美談として何度もいろんな所で聞かされた。それがなぜ美談なのか、語り継ぐべき問題なのか未だに理解できない。

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。