スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の楠

2010年04月24日 16:18

この時期の楠は一年中で一番激しく変化する。常緑樹である楠は、晩秋には葉を落とさず、春先になって濃緑色の葉を落とし、若葉をはやす。真っ赤に紅葉した葉を落とすこともある。このとこの春の嵐は桜の花びらと楠の葉を歩道一面に散り敷き、路上に落ちた花びらや楠の葉が雨に打たれて鈍く光っている。薄紅の花びらと苔色の葉のコントラストの上を踏みしめる感触はまだ浅き春の名残を感じさせ、本格的な春の訪れの予告でもある。
若葉の新芽が樹の頭頂から芽吹き始め、萌葱色に変わるまでの幼弱な葉は茜色とも朱色とも言う鮮やかさで、光に透き通り、まるでステンドグラスのようで陽光を浴びて薄い葉から光が漏れいでる。この赤い幼い葉はみるみる萌葱色とも浅葱色とも言える色へと変わる。そしてあっという間に樹全体が薄緑の葉へと変化し風に新たな葉をなびかせる。真っ赤な紅葉色に変わった古い葉はその運命を終え落ちていく。

写真1 若葉を茂らせる楠 写真2 紅葉した楠の葉 写真3 紅葉した楠の葉 写真4 紅葉した楠の葉 写真5紅葉して落ちた葉 写真6 紅葉の新緑とのコントラスト 写真7若葉を出す楠と紅葉したした葉 

kusunoki1.jpg
kusunoki2.jpg
kusunoki3.jpg
kusu4.jpg
kusu5.jpg
kusu6.jpg
kusu7.jpg
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。