スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯨は口蹄疫に罹る?

2010年05月26日 13:10


口蹄疫

現在宮崎で口蹄疫が猛威を振るっている。どのようにして宮崎にのみウイルスが侵入して来たのかは依然不明だ。ウイルスの型が香港で発生したものに似ている事から、中国から輸入したわらにウイルスが付着していたとも言われている。あまり聞き慣れないウイルス疾患であるが、最近では世界的な流行を繰り返し多大な被害を与えている。人に罹らない(罹るらしいが症状は軽く、人から人へとうつることはない)のが不幸中の幸いか?少し口蹄疫について調べてみた。

口蹄疫(こうていえき、学名 Aphtae epizooticae、英語: foot-and-mouth disease、通称FMD)は、家畜の伝染病のひとつ。偶蹄目(豚、牛、水牛、山羊、羊、鹿、猪、カモシカ、など蹄が二つに割れている動物)およびハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病(Wikipedia)。

口蹄疫は直径約24nmの球形をしたウイルスによって牛・豚・山羊等の偶蹄類動物にかかる急性伝染病である。口蹄疫にかかった動物の死亡率は低いのだが,伝播力が極めて強く,感染速度が早く,ひとたび流行すると広範囲に広がってしまう。16世紀初めに北イタリアで発生したのが最初で,18世紀に全世界に拡大した。感染経路は,口蹄疫にかかった動物からのウイルスが分泌物や排泄物等(呼気,唾液,鼻汁,糞尿等)を通して大量に体外へ排出され,直接的,間接的(風で飛散したり,ネズミや鳥がウイルスの媒介者となる)に動物の気道粘膜,口内粘膜等に入り増殖し,血液を介して体内の各臓器に運ばれ,増殖し,発病する。豚の場合,感染1~2日後には発病,発熱とともに口内炎を起こし,はなはだしいよだれとともに口腔内,鼻粘膜,蹄の周辺等に水泡やびらんを形成する。豚は発育障害,運動障害,栄養障害等を引き起こし,痩せこけて食肉として利用ができなくなる。

 蹄を持った草食動物は有蹄類というが偶蹄類と奇蹄類に分かれる。このウイルスは面白い事に偶蹄類にしか感染しない。
偶蹄類は、イノシシ、カバ、ラクダ、シカ、キリン、ウシなどの9科、185種存在し、奇蹄類はウマ・バク・サイの3科、23種が地球上で知られている。自然界では奇蹄類より偶蹄類がより繁栄してきた。その理由としてウマ類は反芻類に比べ、植物を消化する能力が劣っているため、反芻
類に駆逐されたものと考えられているが、高い運動能力を獲得することで生き残った。

ここで奇蹄類と偶蹄類を代表するウマとウシの進化について考えてみよう。
ウマは今から5200万年前に狐ぐらいの大きさのヒラコテリウム(Hyracotherium)として誕生した。新生代の第三期中頃までは地球は温暖な気候が続き、大陸には大きな森が広がり、始新世まではウマの祖先も、ウシの祖先も森の中をのんびりと歩き回り、柔らかい葉を食べていた。
しかし漸新世に入り気候が寒冷化してくると、乾燥化がおこり、イネ科植物が出現し、森は枯れ、イネ科植物のはびこった草原へと変化してきた。
 するとウマや牛には草原で暮らすには森林と比べ困ったことがでてきた。
 それは、草原には身を隠すところがないことと、イネ科の植物は、それまで食物にしていた葉と比べると硬く、消化しにくいことだ。
森林は木の間に身を隠しながら移動していれば敵に見つかりにくい環境だった。しかし草原は背の低い草が続き、見通しがいい場所だ。身を隠す木というのはまばらでしかない。従って、草原での生存戦略はごく単純、「敵を見かけたら走って逃げろ!」。それは捕食者にとっても同じ。森の中では待ち伏せ・奇襲の作戦が役に立ったが、草原地帯では身を潜めながら近づいたら、後は走って捕まえなければならない。当然、食べる側も食べられる側も、走力を向上させる方向に進化していった。
 有蹄類の祖先たちも、しだいに速く走るために体のしくみを発達させていった。 有蹄類は、指を真っ直ぐ伸ばして立ち、指先だけで支えているという形になる。有蹄類の先祖の指の数はいずれも5本だが、進化の過程で、速く走るため指の数を減らしていった。少ない数の指で体を支えるために、大切な主軸となる指の骨は丈夫になっていき、体重を支えない骨は細くなっていき、やがて痕跡となって姿を消ことになる。
奇蹄類は第3指の一本だけで体を支えるように進化し、偶蹄類は第3指と第4指の二本で体を支えるように進化していった。


 草原に進出した有蹄類が発達させたのは、移動手段だけではない。
 草原は硬い葉を持つイネ科の草が生い茂るところ。通常の木は体を支えるための幹と、光合成を行う葉は別々であり、その葉は柔らかい。しかし、草はそれ自体が光合成と共に体を支える支持器官でもあるため、頑丈で、食物とするには消化するのが大変だ。
そのため有蹄類は、硬い葉を消化するために、腸内細菌を利用するという独特ののしくみを進化させている。 有蹄類は自分の持つ酵素ではセルロースを壊すことはできない。そこで、セルロースを分解する細菌を腸内に大量に住まわせ、細菌に細胞壁を分解させ、細胞壁を壊させることによって、初めて植物を栄養源として利用することが可能になった。
奇蹄類が腸内細菌に発酵を行わせている場所は「盲腸」。人間の盲腸は、あってもほとんど役に立っていない、退化した器官となっている。一方、ウマの盲腸は1.2mにも及ぶ巨大なものとなっている。しかし、その欠点は、盲腸が小腸と大腸の間に位置するということだ。栄養分を最も効率よく吸収する臓器は小腸。小腸を過ぎた位置に発酵器官があるということは、栄養分のうち吸収できない分がそのまま出てしまうということで吸収効率が悪い。それに対して、偶蹄類が発酵に利用している器官は「複胃」だ。本来の胃の手前の食道部分が袋状になり、新たな胃が形成された。ウマは胃を1つしか持っていないが、ウシは胃を4つ持っている。ウシは胃である程度発酵させたものを口の中に戻し、噛むことによって撹拌させ、飲み込んでまた発酵させるという「反芻」を行う。
反芻をすることによって微生物により一層の消化をさせ、栄養分をさらに効率よく取り出すことを可能とした。

 現在、偶蹄類は奇蹄類よりも科、種ともに多数となり、勢力では圧倒的に優勢だ。その大きな要因は、走る能力よりも、偶蹄類の反芻類が編み出した優れた消化システムにあると言える。しかし口蹄疫は進化の生き残り競争で勝って来た偶蹄類にしか罹らない。

哺乳類は全部で約20の目に分類されているが、そのうち海に進出した哺乳類も数多く 知られている。例えば、クジラやイルカ、ジュゴンやマナティー、アザラシ、ラッコなど。

その中でも特にクジラ目(Cetacea)に属するクジラは海の王者と呼ばれるほどに本格的に 海という環境に適応している種であり、その形態や生態も非常に特殊化している。 また形態学・古生物学 が進歩するにつれてこのクジラ目に最も近縁な哺乳類は何なのかということが盛んに議論されてきた。
そして形態学者や古生物学者がクジラと様々な哺乳類との化石形態を比較した 結果、クジラ目は哺乳類の中でも偶蹄目との共通祖先から分岐してきたという見解が10年ほど前から言われてきた。そして最近の研究結果から、ゲノム上の反復配列を指標として系統関係を調べた所、クジラが偶蹄類の共通祖先から分岐してきたのではなく、偶蹄目の一部から 分かれてきたということ、鯨も偶蹄目そのものに属していることが明らかになってきた。

ということはクジラも口蹄疫にかかる?大きななぞだ。現在のところ鯨での発生は認められていないそうだ。しかし感染したなら海洋中を泳ぎ回る鯨の事、封じ込めもできないし、殺処分も難しい。鯨の絶滅という事態にもなりかねない。
21世紀になって様々なウイルス感染が流行している。鳥インフルエンザ、サーズ、口蹄疫、ウイルスではないが狂牛病。いずれも野生動物を家畜化したものに大量発生している。家畜化という、自然の摂理に反し、遺伝子が均一に近くなったため蔓延し易くなった?
家畜だけに封じ込めで来ているうちはまだましかもしれない。野生の動物にまで罹れば生態系に大幅な変化をもたらし、大変なことになる。実際に奈良では春日大社の鹿が感染しないかとびくびくしているそうだ。家畜という大量生産で食糧を供給することは自然の摂理に反する事かもしれない

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。