スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インパクトファクター事情

2010年07月03日 12:10


2009年のIF

2009年のインパクトファクターの発表があった。Life Science関係のインパクトファクター上位は昨年同様相変わらずNatureとCell及びその姉妹誌がほぼ独占している。
Nature (IF:34.48), Nat Gent (34.284), Cell (31.152), Science (29.747), Nat Biotech (29.495), Nat Med (27.136), Nat Immunol (26.00),Cancer Cell (25.288), Cell Stem Cell (23.563), Immunity (20.589)がimpact factor 20以上でScience以外全てNatureとCellの姉妹誌。

更にimpact factor10以上にはNat Cell Biol (IF:19.527)を筆頭にCell Metab (17.35), Nat Meth (16.874), J Clin Invest (15.387), Mol Cell (14.608), J. Exp Med (14.505), Nat Neurosci (14.345), J. Natl Cancer (14.069), Dev Cell (13.363), Neuron (13.26), PLoS Med (13.05), PLoS Biol (12.916), Am J Human Genet (12.303), Nat Struc Mol Biol (12.273), Gene Dev (12.075), Genome Res (11.342), Curr Biol (10.992), Blood (10.555)と続く。これら18誌の中でNatureやCellの姉妹誌以外はJ Clin Invest、J. Exp Med、PLoS Med、PLoS Biol、Am J Human Get、Gene Dev、Genome ResとBoodの8誌に過ぎない。その中で特筆すべきはPLoS  groupとも言うべき新たに出された一連のネットジャーナルが速報性もあって、ぐんぐんとimpact factorを上げていることであろう。一方で旧来の名門ジャーナルJ Cell Biol (9.575), PNAS (9.432), EMBO J (8.993)はいずれもimpact factor 10以下にあえなく沈んだままである。ちなみにJ Cell Sci (6.114), Mol Cell Biol (6.057), Mol Biol Cell (5.979), J Biol Chem (5.378), Biochem J. (5.155)となっている。いつの間にか、JBCとBJの差が無くなって来た。

国内出版のジャーナルはいずれも苦戦を強いられている。2009年現在の順位はCancer Sci, Gene Cell, Cell Strct Funct, JBの順になり、reform したCancer Sciの戦略勝ちか。Cancer Sciは2006年のIF:3.869から一時低下したが持ち直して2009年は3.771となっている。Gene Cellは2006年のIF:3.517を最高に2009年は2.952と低落傾向にある。一方、Cell Strc Functは2006年にはIF:2.143であっったが2009年には2.563となっている。一方、J BiochemはIF:1.963から1.945とほとんど変化なく底辺を這っている。

日本からせめてIF5以上のジャーナルがあればいいと思いつつ、いつも外国のジャーナルに投稿して無理難題を突きつけられている。これも日本人の悲哀?
最近の一流の論文の傾向はまずoriginalityの高さ、やたらとデータが多く、あらゆる角度から結果を検証し、ゆらぎない信頼のあるデータを要求されることであろう。さらにレフリーは一流のジャーナルほど、特殊な実験を要求し、そのデータを載せないとacceptされないため、その実験技術を持っている研究者との共同実験が必要になる。revise期間が短いため機動力のある実験が必要であり、reviseを終えてみれば、データが倍近くにふくれあがっていたという事もしばしばある。まさにこうなると研究も総力戦で、昔のように個人のアイデアでこつこつと実験すれば事足れるという時代では無くなった。大きなラボが組織力を上げて短期間に集中して行うというサイエンスが勝利する時代なのかもしれない。

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。