スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説にでてくる螢

2010年08月02日 19:08


どこか幻想的で弱々しく闇夜に浮かび上がる青い光り。浮遊する光は時からの風に吹かれてふわりと舞い上がり、川面を乱舞する。その美しさの中に秘められた頼りなげさはそこはかとない風情と哀感を醸し出し、日本人にとって欠かせない夏の風物詩である。
桜といい蛍といい華やかさと無情さとを感じさせてくれるもの、月は隈なきをのみ見るものかわといい、満月もいいがそれよりちょっと欠けた月、完全でないものにわびとかさびを感じる民族の愛でる象徴としての蛍。古来より小説にも多く蛍が登場する。

一つ目は伊勢物語の行く蛍。

昔、男ありけり。人のむすめのかしづく、いかでこの男にもの言はむと思ひけり。うち出でむことかたくやありけむ、もの病みになりて、死ぬべきときに、
「かくこそ思ひしか」と言ひけるを、親聞きつけて、泣く泣く告げたりければ、
惑ひ来たりけれど、死にければ、つれづれと篭りをりけり。
時は六月の晦日いと暑きころほひに、宵は遊びをりて、夜更けてやや涼しき風吹きけり。 蛍高く飛びあがる。この男、見ふせりて、
「行く蛍 雲の上まで 住ぬべくは 秋風吹くと 雁に告げこせ」
暮れがたき 夏の日暮らし ながむれば そのこととなく ものぞ悲しき。

その要約はこうだ。
ある身分の高い家の娘が片思いして、結婚するならこの人と思い詰めていたが、重い病にかかり死ぬ間際に、思い詰めていた人がいると打ち明けられ、親は男のもとに泣く泣く行き話をした。男は戸惑ってしまったけど、娘が死んでしまったので、家に籠って夜になり、やっと涼しい風が吹き始めた。
そこで「行く蛍 雲の上まで 住ぬべくは 秋風吹くと 雁に告げこせ」飛び交う蛍よ雲の上まで行くのなら娘にもう秋風が吹き始めているよと告げてくれと詠んだ。なかなか暮れぬ夏の日。物思いにふけって、なにかもの哀しい。

二つ目はかの有名な枕草子の巻頭の夏は夜の1編。

夏は、夜。月の頃は、さらなり。闇もなほ。蛍の多く飛び違ひたる、また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。雨など降るも、をかし。

現代の文学では谷崎潤一郎の細雪や宮本輝の螢川や野坂昭如の火垂の墓が上げられる。そのうちの2編「細雪」の中の蛍狩りのシーンとなんとも哀しい「火垂の墓」。

まずは細雪の中のかの有名なる蛍狩りの名文。

あたりがわずかに残る明るさから刻々と墨一色の暗さに移る微妙な時に、両岸の叢から蛍がすいすいと、すすきと同じような低い弧を描きつつ真ん中の川に向って飛ぶのが見えた。見渡す限り、一筋の川の縁に沿うて、どこまでもどこまでも、果てしもなく両岸から飛び交わすのが見えた。それが今まで見えなかったのは、草が丈高く伸びていたのと、その間から飛び立つ蛍が、上の方に舞い上がらずに、水を慕って低く揺曳するせいであった。   が、その、真の闇になる寸刻前、落窪んだ川面から濃い暗黒が這い上がって来つつありながら、まだもやもやと近くの草の揺れ動く気配が視覚に感じられる時に、遠く、遠く、川の続く限り、幾筋とない線を引いて両側から入乱れつつ点滅していた、幽鬼めいた蛍の火は、今も夢の中にまで尾を曵いているようで、目をつぶってもありありと見える。
自分がこうして寝床の中で目をつぶっているとこの真夜中にも、あの小川のほとりではあれらの蛍が一晩中音もなく明滅し、数限りもなく飛び交うているのだと思うと、云いようのない浪漫的な心地に誘い込まれるのであった。何か、自分の魂があくがれ出して、あの蛍の群れに交じって、水の面を高く低く、揺られて行くような、  そういえばあの小川は、蛍を追って行くと、随分長く、一直線に、どこまでも続いている川であった。

螢の飛び交う情景をこれほど微にいり細にいり、あたかも螢の飛び交う川の縁に佇んでみているように書き、なお螢を見ている主人公の心の中の動きまでを彷彿させるとはさすがに谷崎潤一郎。

なんといっても哀しくて切ないのは「火垂の墓」でしょう。涙無しには読めません。この飽食の時代に、この神戸で餓死して死んで行った日本人がいたなんて若い人には想像できない事でしょう。冒頭から涙なくしては読めません。あの神戸の一番の繁華街を擁する三宮の駅の終戦時の荒廃した姿は想像だにできません。
終戦間際。清太14歳、節子4歳。親もなく、住む家もなく、食べるものとてなく、横穴に兄妹2人だけで暮し始める。まず妹が餓えで亡くなり、終戦を迎えてこれからという時に清太も飢えて衰弱死する。

1945年(昭和20年)9月21日、清太は省線三ノ宮駅構内で衰弱死した。清太の所持品は錆びたドロップ缶。その中には節子の小さな骨片が入っていた。駅員がドロップ缶を見つけ、無造作に草むらへ放り投げる。地面に落ちた缶からこぼれ落ちた遺骨のまわりに蛍がひとしきり飛び交い、やがて静まる。

これからの小説の展開を暗示するような暗い出だしの中で、幻想的な螢が荒廃しきった駅舎に飛び交う。この螢は清太や節子の魂なのであろうか。

また節子が螢を捕って蚊帳の中にいれておいたのが朝起きてみると半数近くが死んでいた時の事。
朝になると,蛍の半分は死んで落ち,節子はその死骸を壕の入り口に埋めた,「何しとんねん」「蛍のお墓つくってんねん」うつむいたまま,お母ちゃんもお墓に入ってんやろ,こたえかねていると,「うち小母ちゃんにきいてん,お母ちゃんもう死にはって,お墓の中にいてるねんてんて」はじめて清太,涙がにじみ,「いつかお墓へいこな,節子覚えてえへんか,布引の近くの春日野墓地いったことあるやろ,あしこにいてはるわ,お母ちゃん」樟(くす)の樹の下の,ちいさい墓で,そや,このお骨もあすこ入れなお母ちゃん浮かばれへん。何でホタル すぐ死んでしまうん?

こんな哀しく切ない文章が野坂昭如に書けたなんて信じられない。ただこの小説を書くにあたり、螢の墓はすでにあったタイトルなので、火垂の墓とし、螢を小説の中で登場させ、何とも切ない当時の哀感を出すために使ったということを後になって知って、興ざめしたのと同時に切ない情感を盛り上げるため、意図して螢を仕掛けたんだと感心もした。物悲しく、切ない気持ちが優雅だけどはかない螢の登場で一層かきたてられた。まさに小説家の仕掛け通りにことが運んだ。プロはすごい。

 



スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。