スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奢れるもの、奢侈にながれるもの

2008年04月09日 12:23

今までのブログを読んだ方は、私が平家大好き人間だと思われるかも知れない。実は平家は好きではないのです。平家物語や平家の公達たちの儚い美しさは好きだけれども、何故いとも簡単に滅んでしまったのかを考えると、あまりの情けなさに心が苛立つのです。成り上がると有頂天なり、うぬぼれ、華美に溺れ、楽な生活を求め、耳に心地よい言葉を聞きたがるようになるのは人の習性です。平家は武士の出であるにもかかわらず、京の公家文化にどっぷりとつかり、野生の荒々しさを野蛮なものと軽蔑し、一族だけの権勢を求め、栄華を求めるようになります。いつの世も衣食たりて礼節を知るの言葉の通り、粗野で礼を知らないような人間が命知らずで圧倒的にたくましく、強い。平家はそのような坂東武者たちにかなう訳もなく、たちまち滅ぼされてしまうのは自然の理。那須与一が屋島の戦いで平家の船の上に掲げた扇を弓で射落とすという逸話は有名ですが、見事撃ち落とした後に、水夫までも射殺してしまい、しらけてしまったということは余り知られていません。風流さは戦場では何の意味もないのです。元寇の時も鎌倉武士は名乗りをあげてから攻めたのに対し、そのような礼儀は元の兵士には通用する訳もなく、いきなり射かけられ、大勢で一人に向かって攻めかけ、当時の日本では卑怯だと忌み嫌ったことが全く通用しなかったと言われ。ます。残酷なことだけど戦争は人と人との殺し合いであり、勝つ事が目的なのです。源頼朝は平氏の轍を踏む事のないように、京文化に取り込まれる事のないよう、わざわざ鎌倉の地に幕府を開いたといわれます。何故平氏にこのような単純な道理が分からなかったのか?理解できない。清盛は現在の親ばかに通じる?、自分の子供に甘かったのか?清盛一代の栄華にしてなんと儚いことか。
 清盛は大輪田泊(神戸港)を開き、南宋との貿易で莫大な利益をあげたことが、平家隆盛の一因であると言われます。その当時高度な文化を発展させた南宋も金に攻められ弱体化し、ついにはモンゴルのフビライによって滅ぼされます。南宋が滅びる間際にひときわ異彩を放ち、元に徹底的に抵抗し、捕らえられ、刑死した、最後まで自己を貫いた人物、文天祥。彼の生き様を読むと己の血が騒ぎ、堕落し、汚れた身がきりっとするのです。

スポンサーサイト


コメント

  1. くりくり | URL | -

    はてさてお粗末ながら、、。

    私は、圧倒的な源氏ファンです。というよりは、義経ファンです。ですので、義経の天才的とも思われる戦術によって、平家が西へ西へといとも簡単に追い落とされ、ついには滅びるという下りは、どちらかといえば痛快でもあります。しかし、そこは自称、生粋の日本人、判官びいきではありませんが、滅びるとなれば、そこにものの哀れと美を感じずにはおれません。ましてや、あの平家物語なる、強力なバックアッパーが、切々とその哀感を我々に語り続ける限り、源氏との争いには連戦連敗、あれほどの隆盛を極めながらも、わずかの間で滅び去るという超体たらくを呈した情けない集団ながら、これからも確固たる地位を我々日本人の心の中に築き続けるのでしょう。さて、なぜ、頼朝にできたことが、清盛にできなかったか?(都から遠く離れて政治を司ること)ということですが、それは、無理というもの、、、、。ではないでしょうか?それまで、日本の国におよそ歴史というものが登場して以来、ずっと何百年もの間、政治は、奈良か京の都で執り行われていたのです。おそらくは、だれしもが全く疑うことのない固定観念で、都は京都と(まるで、地球は丸いという真理の如く)思い込んでいたに違いありません。清盛は、父の忠盛が従四位の時、若干12歳で従五位、確か左大臣も右大臣もすっとばして太政大臣の位についた人、白河法皇のご落胤ともいわれているような人です。そういう生まれ育った環境からして、確固たる政権樹立のために都を他の土地に置くなんて、青天の霹靂というか、およそ考えもつかないことだったと思います。対して、頼朝は、幼きは京の都に育ちながらも、伊豆に流罪となってからは、ずっと関東の片田舎で半幽閉生活をおくらされた身であったからこそ、何が必要で、何を排除しないといけないのか、京の都を遠くからじっと見つめていた身であるからこそ思いつくことができた、秘策?中の秘策だったのではと思います。逆境におかれなければ頼朝たりとも思いつかなかったのかもしれませんが、運も才能のうちということであれば、やはりここは、単純明快に、頼朝は天才だったから!、、、、だと私は思います。

    今考えれば、当たり前すぎて誰でも考えつきそうなこと、でも確かにそれまでは誰も思いつかなかったことをやってのけた頼朝は天才、残念ながら凡人には気づきようがなかった、、、、ということで、ここは締めさせていただきいたいと思います。、、、、お粗末でした!!

    やっぱり哀しい清盛と平家ご一門様でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://explore525.blog45.fc2.com/tb.php/19-fae70ad8
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。