スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大災害時に現れる人の器と価値

2011年03月18日 18:49

大震災特別ブログ
この度の東北地方太平洋沖地震と津波、それに続く原子力発電所事故では被害の甚大さや現代科学の無力感に
あぜんとするばかりではなく、人の世の無常さも教えられた。

朝元気に職場へ学校へと玄関を出て行った家族の一員が一瞬のうちに散りじりに、命を奪われ、帰る家もなくなってしまうなんて、誰が予想できたであろうか。地震が起こった時に何をしていたか、津波に襲われた時にどこにいたか?運命の神はいたずらに人々の運命をもてあそび、いとも簡単に人の定めをも決めてしまう。まさに無常、理不尽。

被災者のなかには家族を亡くし、自宅をなくしてもなお、悲しみを背負って、自分を犠牲にしてでも、老人や病気の人を助け、村や町の復興へと、運命を前向きに受けとめる人々が居る事を知って、まだまだ日本も捨てたものではないと感じた。我々被災者ではない者も、こんな大惨事後の困難なときこそ、少々の不便を我慢して、停電とか交通機関の乱れとかに文句を言わずに、お互いに助け合って、日本の復興を目指そうではないか。

あっけなく命が消え、明日の運命も分からない現実を見つめると、人の存在のなんと小さいことだろう。しかしこのちっぽけな人間、一人一人が協力して助け合えば、まさにLittle to bigとなり、大きな力となり、うねりとなって復興、再建に向けて走り出せる。

福島原発の事故をみても、第一原発の事故に始まり、第二原発や第三原発,休止中の第四原発までもが同じような経過を辿るのをみて、東京電力の無策ぶり、手間の悪さにイライラした人は多いと思う。独占大企業の屋台の上にあぐらをかいていたエリートたる幹部社員のおろおろするばかりの無能さにはあきれた。一方、日の当たらない原発現場の社員は、身の危険も顧みず、疲労困憊になりながらも必死に頑張って、なんとか大惨事になるのを防ごうとしている。

いったい日本はどうなっているのか。未曾有の大災害で会社や日本の危機存亡の折、トップが何故現地に乗り込んで陣頭指揮しないのか、責任逃れに終始するのか? 必死になって働く現場社員と安全な本社に身をおいてなす事を知らない幹部社員のコントラストが何とも現在の日本を象徴しているようでなさけない。こんな時にこそ人の価値が問われる。

Little scienceをやっている我々研究者は、こんな時に、こんなことやっていていいのだろうかと思うかもしれない。しかし、冷静に自分に何ができるのかを考えたら、今やっている研究をやり切ることが、日本の復興に繋がるのではないか、というよりそれしかできないのではないかと思う。研究費の無駄使いをやめ、一人一人が本分を十分に果たす。
そして足手まといにならないように個人個人の状況に応じてできる限りの協力をおしまないようにするしかないであろう。

最後に今回の地震で、家族や友達を亡くされた方に哀悼の意を表するとともに、命は助かったものの怪我をおわれた方、自宅を喪失、損壊された方、はたまた職場や研究室の被害に遭われた方、被害程度はまちまちでしょうが心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興と、研究者の皆さんには一日も早く日常の研究に戻れますよう祈ります。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。