スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONYとApple

2012年01月26日 19:04

昨日の覇者は今日の敗者

戦国時代、駿河の大国(今川義元)は、弱小だと侮っていた尾張の小国(織田信長)に油断をつかれて桶狭間で討ち死に。昨日まで弱小であった国が, 下克上、群雄割拠の時代、あっという間に、並みいる列強を押しのけ、勝者に躍り出る。反対に、権勢,栄華に酔いしれている、暗愚な君主をいだく、国はたちまち滅びさる。
今日の企業間の戦いもまさに戦国時代。今までの安定した平和な日本では、大きな会社の社長は部下からの意見を吸い上げ、人間関係の調和を保ち、調整型の何もしない、どちらかというと無能な官僚型人間が良かった。最も典型的なのは東京電力を筆頭とする電力会社。特別な事をしなくとも、組織は動き、企業の規模の大きさと官僚や政治家への影響力が重要であった。しかし今日の乱世では、大企業が安定と言える訳でなく、大小入り乱れての群雄割拠。有能で将来が見通せ、早い決断の出来る経営者が嘱望される時代となった。画期的な発明が次々になされ、その技術革新について行かないとどんな大きな会社でもあっという間の転落の憂き目が待っている。
一つの革新的な発明が会社の運命を変えてしまう。革命的な技術を開発した又はその開発の波に乗れた企業は、大企業へと成長し、反対に開発の波に乗り遅れた企業は、沈没していく。一つの発明が大きく会社の運命を変える恐い時代になった。その典型としてアップルとSONYをあげよう。

 次々と革新的な発明をしてパソコン、音楽、通信機器の覇者と成ったアップル。一方、チャンスを物にしながらも開発の波に乗れなかったゼロックスやSONY。最大のフイルムメカーであったコダックが破産した事は耳に新しい。デイジタルカメラの重要性を過小評価し、あっという間の転落。それも世界で最初にデイジタルカメラを開発したのがコダックだというのだから驚き。何故コダックはデイジタルカメラの開発に積極的にならなかったのか?大きな理由は、デイジタルカメラを開発すると自社の主力製品であるフイルムが売れなくなるということらしい。その点、富士フイルムはフイルムの需要減を見越して、デイジタルカメラの開発を急ぎ、フイルム製造工程での技術を生かして、化粧品や医薬品へと多角化し、見事にフイルムメーカーから脱却した。

SONYは何故iPodのような携帯音楽プレイヤーを開発できなかったのか? Steve Jobsの伝記にはこんな記述がある。
2001年、ジョブズはアップルを変革し、同時にテクノロジー業界全体さえも変革しようとする壮大な構想を打ち出す。パーソナルコンピューターは脇役などにはならない。音楽プレーヤーからビデオレコーダー、カメラにいたる、様々な機器を連携させる「デジタルハブ」になるーーとした。あらゆる機器をコンピューターにつないで同期する。そうすれば音楽も、写真も動画も情報も一元的に管理できる。そしてiPod, iPhone, iPadという革命的製品が開発される。 そしてiTuneによる音楽配信とiPodという携帯音楽プレイヤーはあっという間に、音楽事業での巨人に上り詰める。

なぜSONYにはできなかったのか?その頃、ユニバーサルミュージックのトップ であるダグ、モリスは海賊版の横行にうんざりしていた。新たな音楽配信や携帯プレーヤーの開発をSONYと続けていたが、成果は全く上がっていなかった。
「どうしてSONYがだめだったのか、私には全く理解できません。史上有数の失策でしょう」とユニバーサル傘下のレーベル、インタースコープ ゲフィンA&Mのイオヴァインは今でも首をかしげる。「アップルの場合、社内で協力しない部門は首がとびます。でもSONYは社内で部門同士が争っていました」実際、SONYはいろいろな意味でアップルの逆だった。かっこういい製品を作る消費者家電部門もあれば、人気アーチストを抱える音楽部門もあった。しかし、各部門が自分たちの利益を守ろうとするため、会社全体でエンドツウエンド サービスを作れずにいた。

SONY ミュージックの社長に成ったアンデー ラックが初めて出席したSONYの新年度年頭訓辞は2003年4月、アップルがiTune ストアーを発表した週に行なわれた。訓辞に集まった200人のマネジャーを前にiPodをポケットから取り出す。 「これだ」CEOの出井伸之や北米SONYのトップハワード ストリンガーも見ている前で宣言する。「これがウオークマンキラーだ」怪しげなところなどどこにもない。こういうものが作れるように、SONYは音楽業界を買ったんだ。君たちならもっといいものが作れる」
しかしSONYにはできなかた。ウオークマンでポータブル音楽プレイヤーの世界を拓いた実績もあれば、すばらしいレコード会社を傘下に持っている。美しい消費者家電を作って来た長い歴史もある。ハードウエア、ソフトウエア、機器、コンテンツ販売を統合するというジョブズの戦略に対抗するために必要なものは全てそろっているのに、なぜ、SONYは失敗したのだろう。
SONYは部門ごとの独立採算制を採用していた。これでは部門間の連携で相乗効果を産むのは難しい。それと、SONYは共食いを心配していた。デジタル化した楽曲を簡単に共有できる音楽プレイヤーと音楽サービスを作ると、レコード部門の売り上げにマイナスの影響がでるのではないかと心配したのだ。これに対してジョブズは「共食いを恐れるな」を事業の基本原則にしていた。「自分で自分を喰わなければ誰かに喰われるだけだからね」
ウオークマンを発明し、ポータブルオーデオ市場最大のプレイヤーであったSONYはこうしてアップルに完敗する。

SONYという大帝国の凋落は、会社(国家)の繁栄よりも自分たち(利益者団体)の利益を守ろうとする保守、官僚的な経営の下に始まった。「大帝国の欠点は国も会社も同じだ。現状を変えたがらない。今自分の持っている利益を離したくない」だ。誰もが国(会社)を改革してよくしようと言う総論には賛成、しかし自分たちが不利益を少しでもかぶるのには反対、自分達以外が我慢しろだ。これでは国も会社も凋落の一途をたどる。民主党も自民党も労働組合も農協も医師会も皆自分たちの利益ばかりをいい続ける。どのようにしたら、大企業体質から抜け出せ、いつも新鮮に、挑戦的にJobsのいうStay hungry Stay foolishでいられるのであろうか?

長年同じ組織で研究をしていると歳を取るに従い、組織の硬直化とマンネリにおちいる。研究も自転車操業に惰性化する。7年から10年で組織を変え、環境を変えた方がよりStay hungry Stay foolishが実戦できるような気がする。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。