スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷寺詣で

2012年03月24日 14:20

初瀬詣で

初瀬詣で(長谷寺詣で)は平安時代、貴族のみならず庶民にも人気が高く、長谷寺は多くの人々の信仰を集め、特に女性に人気のあるお寺だった。
長谷寺は奈良県桜井市にある真言宗豊山派総本山の寺で本尊は十一面観音、開基(創立者)は僧侶の道明とされる。
大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、当寺は古くから「花の御寺」と称されていた。また「枕草子」、「源氏物語」、「更級日記」など多くの古典文学に登場し、その人気ぶりが偲ばれる。

「源氏物語」にある玉鬘(たまかずら)の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。
玉鬘は頭中将と夕顔の間に生まれた娘で、幼名は瑠璃君といった。母夕顔は頭中将の正妻に脅され姿を隠していた時に源氏と出逢い、逢瀬の途中に不慮の死を遂げる。しかし乳母たちにはそのことは知らされず、玉鬘は乳母に連れられて九州へと落ちる。そこで美しく成長し、土着の豪族大夫監の熱心な求愛を受けるが、これを拒んで都へ上京。そして「長谷寺参詣の途上で偶然にも夕顔の女房、右近と劇的な再会を果たしたのが、京から徒歩で4日目に泊まった椿市(つばいち、海柘榴市)であった。京から長谷寺まで約72キロの道のりで当時牛車で2日、女性の足で3-4日かかった。
その再会を契機に玉鬘は昔、母の夕顔に仕え、今は光源氏に仕えている右近の世話で源氏の邸宅・六条院に養女として引き取られる事となる。

 源氏物語での長谷寺詣ででの一文。
 前より行く水をば、初瀬川といふなりけり。
右近、
「ふたもとの 杉のたちどを たづねずは ふる川のべに 君をみましや」
うれしき瀬にもと聞こゆ。

玉鬘、
「初瀬川 はやくのことは 知らねども 今日の逢う瀬に 身さへながれぬ」
とうち泣きておはするさま、いとめやすし。

一方、紫式部となにかと張り合っていた清少納言も長谷寺に詣でて、「枕草子」に「辰の市・里の市・椿市、大和に数多ある中に、初瀬に詣づる人の必ずそこに泊るは、観音の縁あるにやと心ことなり」と長谷寺の事を描写している。

長谷寺の古い参道(写真1)は、東の谷二本の杉辺りから椙(すぎ)坂を登ったけど、正面から本堂(写真3)へ登る道が開けたのは、第66代一条天皇の時(1千年頃)、勅願によって仁王門(写真2)が移築され、春日社の社司中臣信清が子(信近)の病気平癒を感謝し、回廊を建立してから、牛車で石段の下に乗り付け、「初瀬などに詣でて、局(つぼね)する程、くれ階(はし)のもとに車ひきよせ立てたるに、帯ばかりうちしたる若き法師ばらの、足駄(あしだ)と云ふものを履きて、いささかつつしみもなく、下り上るとて、・・・」と云い、坊さんがさっさと登廊(写真3、4)を上がり下りするのに驚き、彼女は手摺に掴まってゆるゆると登り、本堂(写真5、6、7)では灯明が沢山あがって、「仏のきらきら見え給へるは、いみじうたふとき・・・」と書いてる。本堂には清水寺と同じように舞台があり、境内が一望される。色鮮やかな五重の塔(写真8、9)もいい景色を醸し出している。

古今集の紀貫之の有名な歌も長谷寺詣ででの花の宿を訪れた際に作られた。
   人はいさ 心も知らず ふるさとは
   花ぞ昔の 香ににほひける
詞書に「初瀬に詣づるごとに宿りける人の家に、久しく宿らで、程へて後にいたれりければ、かの家の主人、「かく定かになむ宿りは在る」と言ひ出して侍りければ、そこに立てりける梅の花を折りて詠める」とあり、昔は初瀬の長谷寺へお参りに行くたびに泊まっていた宿にしばらく行かなくなって、何年も後に訪れたら、宿の主人が「お宿は昔のままでございますというのに、あなたは心変わりされて、ずいぶんおいでにならなかったですね」と言った。そこで、その辺りの梅の枝をひとさし折ってこの歌を詠んだ。

と言う具合に長谷寺には当時の文化人達もこぞって訪れ、和歌や小説の題材に取り上げている。平安時代にはすでに街道が整い、宿場宿もにぎわっていた事がうかがわれる。
東京在住のものにとって長谷寺といえば鎌倉の大仏のあるお寺を思い浮かべる方も多いと思うが、鎌倉の長谷寺は奈良の長谷寺の僧侶が鎌倉で開いたとされる。
ボタンの寺として有名だけれど、桜の季節もまた格別、これから長い冬も終わりシーズンとなる。ぜひ一度訪れてみてはいかがであろうか?
h1.jpg
h2_20120324143323.jpg
P1040099.jpg
h4.jpg
h5.jpg
h6.jpg
h7.jpg
h8.jpg
h9.jpg

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。