スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和古寺散策4-般若寺-

2012年08月14日 17:24

般若寺
般若寺(はんにゃじ)は、奈良市北部・奈良坂に位置する真言律宗の寺院。山号は法性山、本尊は文殊菩薩。コスモス寺の名で知られる。般若寺は東大寺大仏殿や正倉院の北方、奈良坂に位置する(Wikipedia)。高句麗僧慧灌(えかん)の創建と伝える古刹で、654年蘇我日向臣(そがのひむかのおみ)が孝徳天皇の病気平癒を祈願して伽藍を建立、さらに735年(天平7)に聖武天皇の勅命により行基)が堂塔を造営、鬼門鎮護の定額寺に定められた。

東大寺の近く、奈良坂を登った所に般若寺はあり、境内は草木がぼうぼうと茂り一見廃墟かと見まちがえるが、これがこのお寺の特長で、草花が乱雑に咲き誇る中にぽつんぽつんと本堂や楼門や石造13重の塔が点在する。訊ねたのが7月の初旬であったけど、すでにコスモスが見渡す限り咲き乱れ、風に揺れ、その向こうにお堂が佇んでいた。
野仏かと思われる石像が迎えてくれ(写真1)、コスモスが一面に咲いている(写真2)。国宝の楼門は街道に面して建てられているのだけど、その下を通って入る事は出来ない(写真3−5)。コスモス畑の向こうに本堂が見える(写真6−7)。石造の十三重塔もコスモスの中に立っている(写真8)。コスモス畑の彼方に楼門が見える(写真9)

整然と掃き清められ、よく整備された京都や鎌倉のお寺と違い、古い歴史ある大和の寺に相応しい情緒溢れるお寺である。決して荒れ果てているのではないけれど、広い荒れ野のコスモスの中に点在するお堂や仏塔という演出は長い苦難の歴史に耐えて残って来たお寺という感じを与えてくれる。東大寺に近いにも関わらず、訪れる人が少ない、穴場であり、季節外れにコスモスが咲き乱れ、その中に古びたお堂が調和して佇むさまは一見の価値がある。

古来、奈良と京を結ぶ交通路として京街道があったが奈良に入るのには木津を経て東部の奈良坂越,西部の歌姫越が利用された。奈良坂を下れば、般若寺があり、更に進むと東大寺転害門の前に出る。奈良山を挟んで般若寺と浄瑠璃寺があり、歩いて行ける近さにある。ここは東に行けば伊勢、南に下れば奈良に通じる古代の交通の要所であり、戦略的に重要な地であったため、多くの戦火をくぐり抜け、源平の戦いで、完全に全ての建物が焼失してしまった。鎌倉時代に入り石造十三重塔(重要文化財)が造営され、さらに叡尊(えいぞん)が本堂を再建、1267年(文永4)に文殊菩薩像を本尊として安置した。楼門は鎌倉時代の遺構で国宝である。
1 hann1
2 hann2
3 hann3
4 hann4
5 hann
6 hann6
7 hann11
8 hann5
9 hann8
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。