スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸 歴史探訪

2008年04月15日 09:58

須磨寺
春本番、日曜の朝、日差しが気持ちよい。ぶらりと須磨寺に敦盛の首塚を見ようとでかける。山陽電鉄の須磨寺で降り、土産物小屋や食堂の並ぶ参道を、少し上がると門が見えてくる。思いがけなくも桜の花がまだ残っていたのはうれしい。しだれ桜は満開の風情。短い石段を上がると本堂。本堂の脇に敦盛首洗い池があり、本堂をそれた小道を少し行くと敦盛首塚がある。満開のしだれ桜とこの悲劇の対比。絶頂期に滅んでいった平氏の儚さ、せつなさ、を思い画く。
写真は敦盛の首塚、首洗い池と今を盛りと咲くしだれ桜。
写真は1 . 敦盛の首塚 2. 敦盛首洗い池 3, 4,5,6,7. 本堂のしだれ桜

敦盛1s
須磨神社6敦盛s
須磨神社3桜s
須磨神社10桜s
須磨神社11桜s
須磨神社14桜
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://explore525.blog45.fc2.com/tb.php/25-33981e69
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。