スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夾竹桃

2013年08月26日 18:15

夾竹桃の花を見ると思い出す

地獄の釜の様な熱気の日々で、誰しもがこの暑さに辟易としている。そんな猛暑のカンカン照りのなか、炎天をもろともせず夾竹桃は多くの清楚な淡紅色や真白の花をつける。あの暑い一日もそんな夾竹桃の花が満々たる淡紅色の花をつけ灼熱の太陽にあがらうかの様に咲いていた。それ以来、真夏の暑い時期、夾竹桃の花が炎天下に咲いているのを見ると、青春時代の哀しい記憶が蘇る。
留学直前の忙しい最中のこと、突然学生時代の友の訃報が舞い込んで来た。どういう事情で亡くなったのか、何があったのかも分からず、取る物も取り敢えず駆けつけ、現実とは信じる事が出来ず、茫然としたまま葬儀に出席した。読経の声など耳に届く訳も無く、友との文学談義、古寺巡りなどの思い出が走馬灯の様に浮かんでは消えていった。
最後のお別れ、暑い夏の昼下がりの炎天下、刺すような日差しを浴びながら、悄然と立ち尽くし、焼却炉から出てくる煙が風もなくまっすぐに蒼天へと登って行く様を、うつろな心で見やっていた。
ふと視線を移すと、焼却炉の裏手に2−3本の夾竹桃の樹が植わっていて、紅色の花をたわわにつけているのが見えた。 その花は夏の太陽の日差しにも負けず、霊を天国に導くために咲いているかのように思え、悲しみに打ち拉がれている心に、その紅さだけが残った。一週間後には心の整理もつかないまま、慌ただしくアメリカへと発った。
毎年夾竹桃の紅い花を見ると、この出来事が哀しい青春の思い出として蘇る。

夾竹桃の生命力の強靭さには驚かせられる。夾竹桃がインド原産と知ってやっとその理由が理解できた。原爆投下後の焦土にいち早く蘇り咲き誇ったのも夾竹桃である。
日本へは1724年に渡来。常緑の大型の低木で高さが5m近くになる。枝が多く分枝し夏の暑い盛りに淡紅色の花をつける。白い花もある。竹の葉のように細く、花が桃の花に似ているところから夾竹桃と名付けられた。夾竹桃は葉、茎、根、花、種子などすべてが有毒で、オレアンドリン、アディネリン、ギトキシゲン、ジギトキシゲンなど複数の有毒成分を含んでいる。食べると嘔吐、激しい痙攣や呼吸麻痺を引き起こす。オレアンドリン(oleandrin、C32H48O9)は、夾竹桃に含まれる強心配糖体で、分子量576.73。ジギタリスに類似の作用を持つ。 ヒトの場合、オレアンドリンの致死量は0.30mg/kgで、青酸カリをも上回る
子供大人を問わずあらゆる年齢層で事故が発生している。統計によるとアメリカでは2002年だけでも計847人の中毒事例がある。子供なら葉一枚で死に至る可能性もある。2000年のロサンゼルスで起こった中毒事故では、2歳と3歳の男児が隣家に植栽されていたキョウチクトウの葉を齧って死亡している。親(養父母)がその数日前と死亡当日の夜に彼らが葉を齧っているのを見ていたのにもかかわらず、である。子供が小枝を笛にして遊んでいただけで中毒した事例も存在する。

大気汚染にも強く強靭で育て易い事から、街路樹としてまた公園の樹として利用される。広島に原爆が投下され、焼け野原になった大地、10年は草木も生えないだろうと言われた焦土に夾竹桃はいち早く蘇って、広島市民に復興への勇気と希望を与えたとされる。絶望に打ち拉がれ明日の命さえ分からぬ身に、その清楚な白や淡紅の花が咲き乱れる様は、地獄から一瞬天国をかいま見たように覚えたに相違ない。
それ故、広島市の花として平和公園や広島大通りで、毎年8月6日の原爆の日には一斉に咲き誇る(写真)。毒性の強さとは裏腹に平和の象徴として、反原爆の象徴の花とされる。
今年も真夏の暑い盛りに夾竹桃の樹が紅色の花を咲かせた。

写真 広島平和公園の夾竹桃(今芽旬)より
7784256a1fb861cf64639ab8dd0be91f.jpg
img_1011621_12065848_2.jpeg
img_1011621_12065848_1.jpeg
img_552990_11040351_0.jpeg
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。