スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

open access ジャーナル の光と影

2013年12月27日 18:28

Open access journal の問題点
今年も早いものでもう御用納め。今年は皆さんにとって良い年であっただろうか?研究で興奮するような結果が得られたであろうか?
来年こそ良い年で、研究も益々の発展しますように。

研究者にとって研究成果の発表をどのジャーナルに投稿するかは大関心事である。最近では投稿の手続きが簡単で、短期間で掲載されるネットのopen access journalの人気が高い。そのようなopen access journalについての警告がScience 342, 57-74 (2013)に載った。かいつまんで言えば下記のようになる。

旧来のジャーナルは投稿者の誠実さへの信用とpeer review制度の信用の下に成り立って来た。しかしそのような信用はopen accessのネットジャーナルが出現し、失墜してしまった。旧来のジャーナルは雑誌の購読料をとって成り立って来た。しかしopen access のジャーナルは掲載料を取る事で営利を得ている。そのような方式だと利益は出版量に比例して増大するので、当然膨大な数のこなせるネットでの取引となり、審査を楽にして出来るだけ多くの論文を掲載しようとする商業主義がまかり通る。ネット上に掲載するopen accessには多くの正当なジャーナルも含まれているが、ひどいものも横行している。

 ためしに、John Bohannon 氏は全くの捏造論文を304のopen accessジャーナルに投稿してみた。そうすると半数以上のジャーナルにacceptされたという。手軽なため余りにもopen accessのジャーナルが増え過ぎ、科学論文の信用性を確保できない。今や匿名のreview systemは機能できなくなって来た。
新しく作られたopen accessのジャーナルはインドや中国発信などのものが多く、これらの大半は新規性や正確さに関係なくpeer reviewとうたっていてもほとんどがフリーパスで、金儲けのためのジャーナルである事が多い。出来るだけ多く投稿させて掲載し、その掲載料で儲けるという仕組みになっている。

  全く存在しない人物名で、全く存在しない研究所名でJournal of Natural Pharmaceuticalsにでたらめの(架空の)論文を投稿してみた。すると2ヶ月後にはacceptされてしまった。その論文は即座にrejectされるべきひどい論文であったし、高校生クラスの化学の知識があれば論文の欠点に気づきうる程度の論文であった。そこで論文を上で述べたように、304のopen accessのジャーナルに投稿してみた所、半分以上のジャーナルでその致命的な捏造に気づかれず、採択されたという訳だ。
 それらのジャーナルの編集部の存在場所と掲載料を徴収する銀行の場所を特定してみた。するとほとんどが発展途上国に存在しており、掲載料はnet bankingで決済されていた。Journal of Natural Pharmaceuticalsはインドのムンバイに拠点を置くMedknowという会社が発行している270以上のジャーナルの一つであるが、それらのジャーナルには毎月200万回以上のdownloadがある。

open access のジャーナルとして成功した代表的なものにPLOSがある。PLOSは2000年に立ち上げられ、2006年からPLOS ONEが発刊され、現在一巻あたり最大の発行部数をほこる。PLOS ONEは倫理上の問題をclearし、内容が正確であれば重要性を問わないという方針で、多くの投稿論文を集め、年に7000以上の論文が掲載料(1350ドル)払って掲載されている。という事はPLOS ONEだけで年10億以上の稼ぎがあるということだ。

当然の事ながら資本主義社会, このような美味しい話を見逃す訳も無く、続々とopen accessのジャーナルが発刊された。PLOSのようにreviewが編集方針に基づいて行なわれて、質のいい論文を集めているジャーナルはそれでいいが、一応review systemを取るという形にして、多くの論文を集め、お金さえ払えばほとんどfreeで通してしまうという、悪どいジャーナルも横行している。

投稿に際して、そのようなジャーナルに気をつけ、安易に投稿しないという姿勢が大切であろう。ちゃんと実験し、きれいなデータをまとめた結果をこのようなジャーナルに掲載したら、逆にその論文の価値を下げかねない。
しかしドクターを取る資格としてpeer reviewのある英文誌への掲載をうたった大学が多い。ただ博士を取りたいだけの人にはこれらは好都合なジャーナルであるかもしれない。でもこれでは益々博士の質が下がるというものだ。

open accessのon-lineジャーナルへの投稿は確かに早くて簡便であるが、そこにある落とし穴には注意が必要だ。特に高い掲載料をとる商業ベースのジャーナルには引っかからないように、ジャーナルの善し悪しを見分けることが必要だ。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。