スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何気ない日常の風景

2015年03月17日 12:51


春間近の六甲山

夜来のみぞれ混じりの冷たい雨も明け方には上がり、雲の合間から陽光が漏れ出て来た。気温はまだ低いものの、今朝の日差しの温もりには春の訪れの近さが感じられる。

六甲の山々が海に急激に落ち込んでいるため、神戸の街は猫の額程度の狭い海岸沿いの土地に開け、市街地は発展に伴って斜面に這いつくばるように、六甲山の上へ、上へと伸びてきた。

狭くて細長い海岸沿いの平地を縫うように、3つの電鉄会社がお互いに背中をくっつけんばかりに並走している。海岸沿いに移動するには至極便利だが、山手の方に移動するとなると否応無しに車か徒歩で坂道を上がらなければならない。坂道も始めは緩やかだが、次第に傾斜は急になり、最後は急峻な六甲山の登山道へとつながる。

 毎朝六甲山を仰ぎ見ながら、途中から傾斜が急になる坂道を車で上がって行く。今の季節、六甲の山は日に日に褐色の肌に、茜色が交じった黄色や薄緑の服を着て、華やかな装いを呈してくる。そして薄靄に煙る山は菫色に、日差しを浴びる山は萌黄色にと、刻々と装いを変える。目を上に向けると今日は遮る雲ひとつない、春を待ちわびる六甲山がそこにある。

 この季節の山の樹々は芽吹くと、たちまち若葉を発育させ、あっという間に濃緑の葉を繁茂する枝へと変わっていく。しかし今はまだ、春浅く生命の喜びを謳歌する季節の到来を待ち、春の栄光に備えての序章を演奏している。

 平凡な日常に埋没している間に、春は忍び寄り、駆け抜けて行き、すぐに暑い夏となる。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。