スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うららかな春の空に映える木蓮の花

2015年03月27日 16:34

辛夷の花、木蓮の花、泰山木の花

遠くからぼやっと白い固まりに見えていた樹が、次第に近づくにつれ辛夷の花だと気づいた。樹全体が無数の白い花で覆われ、碧空を背景に気品あふれた姿で立っている。辛夷の白い花の街路樹は年に一度この季節のときだけ、何の樹だったかを気づかせる。毎日車で通る道なのに、花が咲くまでは全く気にも留めていない。
こぶし(Magnolia kobus、写真1、2)は木蓮科の花樹の中で、白木蓮よりつぼみも花も小さく、また白木蓮の花がややクリーム色を帯びているのに対して、こぶしの花は純白に近い。赤い花をつける辛夷の木も遠くから見ると壮観であり、桜にも引けを取らない。
 こぶしの開花に前後して、白木蓮(Magnolia liliiflora、写真3)は辛夷よりもさらに大きな上品な白いつぼみを開かせ始める。木蓮は地球上で最古の花木といわれ、恐竜の時代からすでに現在と変らない姿で咲いていたそうだ。
辛夷にも増して気品のある気高さを感じさせる大きな純白の花をつけた大樹が碧空に映えて薫風を漂わせ、うららかな春の日に、ユートピアにいる境地に浸らせてくれる。
 木蓮の大振りな花と葉は太古にふさわしい。大きな恐竜がゆったりと大きな木蓮の木の周りを歩いている姿を想像すると、青い空を背景に、白い大きな花を付けた樹と恐竜がそれほど違和感なく受け入れられる。
 木蓮には、白木蓮のほかに紫木蓮がある。白木蓮は高さ10m以上に成長するが、紫木蓮のほうは普通樹高4、5mぐらいである。赤紫の大きな蕾が開くと薄赤みを帯びた花弁を春の日差しに受けて、青空に輝く。白木蓮にも増して、気高く気品あふれた花である
 時期を遅くして咲く木蓮科の大木に泰山木(Magnolia grandiflora)がある。東洋的な雰囲気を持つ泰山木は実は北米中南部原産。花期は5~7月頃。大きな葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆び色に見える。日本では公園樹としてよく植栽される。樹高20m以上にもなる。堂々たる大木で気品の高い白い花をつけている様は見る人の心を和ませる。
  高校の図書室の窓の外に堂々たる泰山木の木があって、年に一度大きな白い花を咲かせた。ふと読書で疲れた目を窓の外に転じると大きな清楚な花が目に映り、疲れた目だけではなく心までもリフレッシュされた。その当時、何の花かは知らなかったが圧倒されるような大木なのにつける花のなんと可憐で気高いことだろうと感動したものだった。
こぶし、木蓮、泰山木と木蓮科の花は無数の花が木全体を覆い、遠くからみても、ぼーっと景色の中から浮き上がったように見える。近づくと一つ一つの花びらは大きくかつ清楚な白で、また花が散った後は大きなビロードの葉に覆われ、見ているだけで、平穏と安らぎに包まれる。

画像は画像、季節の花画像300より
画像1白辛夷、2 赤辛夷; 画像3 白木蓮、4紫木蓮; 画像5 泰山木

辛夷画像1

辛夷赤 画像2

白木蓮画像3

紫木蓮画像4

泰山木画像5


スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。