スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ebola終わってMERS始まる

2015年06月04日 13:34

ウイルスの逆襲

どうにかエボラ出血熱の流行が食い止められたかと思ったら、今度はMERSの流行。韓国では2名が死亡し、1600人以上が隔離され、すでに3次感染も生じているという。いつ日本に入ってきてもおかしくない状況である。

 MERS (Middle East respiratory syndrome coronavirus)の名前の通り、中東で発生した中東呼吸器症候群である。MERSウイルスはSARSコロナウイルスに似たコロナウイルス(β型)で2012年9月にサウジアラビアで初めて発見された。その後、サウジアラビアのZak 氏がウイルスの分離に成功し、オランダのエラスマス メデイカル センターのFouchier氏に分析を依頼し、遺伝子配列が確定した。
肺炎を主症状としており死亡率は40-50%と非常に高い。本ウイルスは遺伝子解析から山コウモリが起源とされているが、中間宿主、感染方法は不明で、潜伏期は2.5-14日間とされる。中間宿主として疑われているのはひとこぶラクダで、唾液などの飛沫感染の疑いが濃厚。予防策としては石鹸による手洗い、マスクの装着、消毒などがあげられる。ウイルスは通常の消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムで死滅する。
治療法は確立してなく、ワクチンの製造も行われていない。感染した人は集中治療室で対症的な治療を受けることになる。症状は軽症から重症まで多様であるが多くの症例が重症肺炎を呈する。下痢を伴うことが多く、腎不全や播種性血管内凝固症候群(DIC)などの合併症を伴っていた。一方、検査結果が陽性であるにかかわらず、無症状の人も報告されている。

人に感染するコロナウイルスとしては4種類存在し、5歳頃までにほとんどの人が感染することが知られている。通常、鼻風邪、上気道炎を引き起こすだけの普通の風邪である。
しかし2002年に中国の広東省で発生した重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)は世界中に蔓延し、8098人に感染して774人が亡くなったことから認識が変化する。MERSはSARSに比べ感染力はそれ程強力ではない。患者と接触するなどの濃厚感染で発病し、SARSやインフルエンザのような空気感染はしないらしい。しかしSARSとMERSは重症の肺炎を引き起こす点において似ている。心臓病や糖尿病を持っている人で重症化することや、子供では軽症であることも似ている。

MERS-CoVのゲノムサイズは30.1kbであり、SARS-CoVの29.7kbと同等の長さである。コロナウイルスはα、β、γ、δのグループに分類されている。MERS-CoVはSARS-CoVと同じくβコロナウイルスに属し、さらにそのCグループに分類されている。MERS-CoVはORF1a, 1b, S, E, M, Nのコロナウイルスに一般的なタンパク質のほか、SとEタンパク質遺伝子の間にORF3, ORF4a, 4b, ORF5の4つ、Nタンパク質遺伝子より3‘側にORF8と合計5個のアクセサリータンパク質を持つ。
新型コロナウイルスは2種のコウモリコロナウイルスであるタケコウモリとアブラコウモリとの相同性が高い。MERS-CoVはこれらのコウモリとRNAポリメラーゼ配列において90-92%のアミノ酸相同性を示すが、ウイルスの侵入を担うSタンパク質におけるアミノ酸の相同性は64-67%程度であり、SARS-CoVと同様にコウモリコロナウイルス間での遺伝子組み換えによって誕生した可能性が高い。SARS-CoVはミドリざる由来のVeroおよびVeroE6細胞に感受性を示し、アンジオテンシン転換酵素2(ACE2)がウイルス受容体である。一方、MERS-CoVはSARS-CoV同様にVero細胞に感受性を示すほか、アカゲザル由来のLLC-Mk2細胞にも感受性を示す。ウイルス受容体はDipeptidyl Peptidase-4(DPP-4)であり、様々な細胞で発現が確認されている。

SARS-CoVやMERS-CoVは標的とする細胞に侵入する際、その表面上に発現している糖タンパク質が受容体と結合し、ウイルスと宿主の細胞膜の融合を促進し細胞内へと侵入する。しかしウイルスの糖タンパク質は活性のない前駆体として合成されるので活性化には宿主側のプロテアーゼによる限定分解が必要である。それゆえ、糖タンパク質を分解するプロテアーゼの阻害剤がウイルス感染阻止に役立つと考えられる。
プロテアーゼの中でも肺胞上皮細胞特異的に発現している膜型セリンプロテアーゼ(TMPRSS2)がインフルエンザウイルスを活性化することが報告され、さらにSARSコロナウイルスや人コロナウイルスNL63も活性化されることがわかり、TMPRSS2が呼吸器ウイルス活性化の主役因子であると考えられるようになった。

そこでTMPRSS2の阻害剤が探された結果、セリンプロテアーゼ阻害剤のカモスタットが見出された。カモスタットはTMPRSS2活性を特異的に阻害し、SARS-CoVとMERS-CoVの細胞侵入を阻止する。もともとカモスタット(商品名フォイパン)はトリプシン阻害剤として開発され、すでに膵炎や逆流性食道炎の治療のための飲み薬として使われているので、MERS患者へ投与して有効かどうかを見極めるには時間がかからないであろう。

いずれにしても今の所、手洗い、うがい、マスク着用とインフルエンザ予防と同じような対応をとるしかない。
参考文献:中東呼吸器症候群コロナウイルス感染症:松山州徳、モダンメデイア 60, 137-142 (2014)
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。