スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のやせ薬の末路

2015年09月28日 12:18

  運動しなくても痩せる薬。

  運動や寒さによって骨格筋から血中に放出され、白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に転換する遺伝子を活性化させる
「irisin,イリシン」というホルモンが2年前にHarvard 大学のスピーゲルマン教授らによって発見された。
 『A PGC1α-dependent myokine that drives browning of white fat and thermogenesis』 Nature 481, 463–468 (2012)

発見当初は夢のやせ薬として、激しい運動をしなくても同じような効果が得られる「運動ホルモン」ともてはやされ、夢の薬の出現として多くのベンチャーも飛びついたが、今ではその効果や存在そのものまで疑われ、ベンチャーキャピタルも撤退した。
白色脂肪細胞が、余剰エネルギーの貯蔵庫であるのに対し、褐色脂肪細胞は、脱共役蛋白(uncoupling protein-1, UCP-1)を介してエネルギーを消費し、熱を産生する機能を有する。イリシンは、白色脂肪細胞の膜表面にあるレセプターと結合することにより白色脂胞の UCP-1を活性化し、褐色化 (ベージュ脂肪細胞)を誘導するという働きを有している。運動によってイリシンの前駆体であるFNDC 5 (fibronectin type III domain containing 5) 蛋白質の発現を高めることで、血中へのイリシン分泌が増加し、脂肪細胞におけるUCP-1の mRNA 発現量が亢進し、同時に酸素消費量も上昇して、体重の減少、インスリン抵抗性の改善がみられると言う.
 イリシンの産生は、運動によって増加するPGC-1α (peroxisome proliferator receptor γ coactivator-1α)依存的に行われる。よって、運動によってPGC-1αが上昇し、イリシンの産生が高まり、血中へと放出され,白色脂肪細胞に働いて褐色脂肪細胞に変えるということになる。
実際、マウスに3週間の自由なでの滑車運動を行った結果、イリシン分泌量は65%上昇し、人でも10日間の持久性運動により、イリシン分泌量が2倍増加したという。
 
  これまでの実験結果ではギリシャ神話の虹の女神イリスに因んで名付けられたホルモンのイリシンが、運動の筋活動に伴って脂肪組織に移動し、脂肪を貯蔵するのではなくエネルギーとして燃焼するように働きかけるとされていた。また、これらの発見によって、イリシンが肥満や糖尿病に対抗する重要なカギとなる物質ではないかという期待が高まり、将来的にはイリシンの飲薬で運動しなくても運動をしたのと同様な脂肪燃焼効果が実現できるのではないかと期待もされていた。

 しかしながら、最近、イリシンの測定法そのものに誤りがあることが発見され、170余りの論文が出されているが、今までのデータは全て信用がならないことが分かってきた。

  米国デューク大学の研究チームは、ネイチャーの姉妹紙『サイエンティフィックレポート』に掲載した論文で、2012年のハーバード大のスピーゲルマン教授らの論文に真っ向から反論した。研究を率いた生化学者のエリクソン教授は「ハーバード大学の研究チームの論文は、イリシンを検出する方法が間違っていた」と説明した。また英国キングスカレッジロンドン大学のシステム生物学のティモンズ教授も学術誌『サイエンス』とのインタビューで、「イリシンが人間にpositiveな役割をするというデータは存在しない」と話した。

  結局、結論は血中のイリシンを測る際に用いられたイリシンの抗体が実はイリシンを認識しないで、ごく少量紛れ込んでいたタンパク質を認識していることがわかった。つまり運動によって上昇するとしていたイリシンは実はイリシンではなかったということになり、今までのデータは全部信用できないとされた。またその上、人にはそもそもイリシンは存在しないか、したとしてもごくわずかであることも分かってきた。

  イリシンを研究してきた多くの研究者の無駄な努力、ベンチャーキャピタルの投資の大損、あまり笑えない話である。
 昔から夢の癌特効薬としてセンセーショナルに出現し、すぐに立ち消えてしまった例は数多くある。うまい話はお金の儲け話だけではなく科学の社会にも潜んでいて、乗ると大きな痛手となることがある。

  あまりにも有名になった贋作・捏造の例として世間を騒がし犠牲者も出したSTAP細胞がある。最近、漸くSTAP細胞の検証が終わってその結果が最新のNatureに掲載された。
STAP revisited. 525,426 (2015)
This week, Nature revisits one of the most controversial scientific episodes in recent years: the now-retracted discovery of a claimed new way to reprogram cells, stimulus-triggered acqui¬sition of pluripotency (STAP). On our website we publish two Brief Communications Arising (BCAs) that relate to the retraction.
Nature 525, E4–E5 (24 September 2015):STAP cells are derived from ES cellsとNature 525, E6-E9(24 September 2015):Failure to replicate the STAP cell phenomenonの2報が出され、STAP細胞は全てES細胞の混入によるものだと結論づけられた。この混入が意図的なものか、偶然なのかは明らかにしていない。何れにしても非常に多くの研究者や企業がこの不正(捏造?)論文に振り回され、大迷惑を被った。

 イリシンの発見の誤りは意図的になされたのではないにしても、有名な論文不正事件として、ベル研究所のヘンドリック シェーンによる常温で超電導を観測したという常温超電導事件(シェーン事件)や ソウル大学黄禹錫教授のES細胞論文捏造事件やSTAP細胞事件と、捏造、不正は止まるところを知らない。「なぜ人はすぐにバレるとわかっていて捏造したり、嘘をついたりするのであろうか?」これは科学研究の問題だけに限らず、東芝の虚偽の経理発表、ごくごく最近のフォルックスワーゲンのデイージェルエンジンの排気偽装と超一流の世界的企業でも行われた。企業内でのプレッシャーが強すぎて、一時的にも逃れようとした結果なのであろうか?企業間、個人間の競争の激しさのあまり、逃れようとしてなされたのだとしたら、あまりにも悲しい虚栄に満ちた社会ではないか。
 ほとんど個人が主体となる研究論文の不正にしても組織の関与する企業の不正にしても、いつもポストや研究費の獲得にあくせくしているストレスフルな研究者や、上司からいつも厳しいノルマや課題を突きつけられているストレスのかかった企業人と、生き残るのにタフな社会が産み出した副産物なのであろうか?ただストレスが大きいからと言って不正することは絶対に許されることではないが。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。