スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍田川、三室山の紅葉

2015年12月22日 13:09

 和歌に詠まれた紅葉

 平安時代の庶民にはもみじを愛でるという風習はなかったようだ。もっぱら桜を見る、花見が盛んだったようです。しかし、貴族の間では秋になると山野に出てもみじを鑑賞し、和歌に詠むという風流が流行った。
平安時代よりもはるか昔から紅葉の名所としてその名を馳せていたのは斑鳩の里にある龍田川とすぐそばの三室山。現在は龍田公園として整備され、紅葉や桜の名所として有名。

多くの和歌にも読まれ、百人一首にも在原業平と能因法師の2首が載っている。

在原業平の「ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれないに 水くくるとは」(古今和歌集)
神代の昔から聞いたことがありませんよ。龍田川が散り敷いた紅葉の鮮やかな紅色によって一面に染められているというのは。

能因法師の「あらし吹く 三室の山の もみじ葉は 龍田の川の 錦なりけり」
(後拾遺和歌集) 
晩秋のあらしによって舞い散った三室の山の真っ赤なもみじ葉が龍田川の川面いっぱいに覆い尽くし錦織りのようになっている。

この他にも古今和歌集には
「もみじ葉の 流れざりせば 龍田川 水の秋をば だれか知らまし」
坂上是則
「龍田川 もみじ葉流る 神なびの 三室の山に 時雨ふるらし」詠み人知らず などの和歌がある。

 先日、すこし盛りを過ぎたもみじを奈良龍田公園に見に行った。すでに12月も中旬にさしかかり、人もまばらでじっくりとこの和歌の雰囲気を味わうことができた。川の流れのすぐそばに紅葉の木があり、今年は暖かい日が続いたせいか、多くの紅葉がすでに散ってしまっていたが、中には今を盛りにと樹全体の葉を真っ赤に染めて柔らかい日差しの中に佇んでいる紅葉もあった。真っ赤になった葉の間から陽光が漏れ、折からの風で揺れ落ちて、地面で踊っていた。
三室山は標高82mの小さな山で神南備山とも呼ばれる。聖徳太子が斑鳩宮を造営するにあたり飛鳥の土産神をこの地に勧進されたのが由来。頂上には1.9mの五輪塔があり、能因法師の供養塔とされる(写真)。龍田川と三室山は現在龍田公園として市民に開放され。紅葉、桜の名所として親しまれている。

写真
1:龍田川公園紅葉1;2:龍田川1;3:龍田川2;4:紅葉2;5:紅葉3;6:紅葉4:7:龍田川を読んだ和歌の碑;8:能因法師の供養塔
1

2-3.jpg

2-4.jpg

2

2-2.jpg

2-1.jpg

5_20151222130000aa1.jpg

6_201512221300331cc.jpg
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。