スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究者の労働時間

2016年10月12日 12:46

研究者の業績と待遇

  先日100時間を超える残業のため、心身消失で自殺した女性に過労死が認められたという報道がなされた。
 研究者はどのくらい働いているのであろうか?振り返ってみるに、自分の経験ではポスドク、助手、助教授時代を通して平均すると10時−10時で働き、土曜も原則働くという時間帯であった。論文の仕上がりが見え、研究が佳境に入った時とか、競争相手が論文を出しそうだという噂を聞いた時では、帰るのはいつも終電という具合であった。
周りの研究者を見ていても大体がこのような感じで働いていたと思うし、もっと働いていたものも大勢いた。研究者は、一旦貧乏な大学、貧乏な研究室、劣悪な環境に入ってしまえば文句を持っていくとこがない。自分で好きでやっているとみなされる。結果が全てで、いいアイデアだったけど、お金がなかったからできなかったとかあの機械がなかったから、決定的なデータが取れなかったとか、では通らない。何をやっても自由だけど、それだから全責任を個人で負うことになり、競争に負けた場合、研究に向かないと分かった場合、転職したくても社会とのパイプがなく、会社も取ってくれない。
 一方で、アカデミアの研究者のポストは非常に少なく、面白い、人を惹きつける研究、流行の研究をしていなければ、就職は難しい。特に大学法人化以降、個々の学校に降りる運営交付金が毎年減らされ、大学が長期に研究者を雇えるお金が不足してきたため、大学でのポストが圧倒的に少なくなってきている。
大学のポストを得る場合、結局は実績、論文数とインパクトファクターの高い雑誌に何報論文を載せたかで、ほとんど決まる。最近では論文の引用数を書かせたり、どのくらい影響力のある論文を書いているかまで求められる。
Google Scholarで簡単に引用数やh指標(ある研究者のh指数は、「その研究者の論文のうち、被引用数がh以上であるものがh以上あることを満たすような最大の数値」。具体的には、h指数が30である研究者は、被引用数30以上の論文が少なくとも30編あるが、被引用数31以上の論文は31編未満であることを示す。この指標は、当該研究者の論文の量(論文数)と論文の質(被引用数)とを同時に1つの数値で表すことができるという利点を持つ。)が出るので、これを書かす大学が増えている。数字で業績のインパクトや重要性がわかるので、応募してきた人の序列がたちどころに分かり、重宝される。どこかに書いてあったが、教授候補のh指標は20くらいであるそう。一度自分のh指標を調べてみたら。
 競争という研究社会では、心労のため鬱になる人が出たとしても、自分はガツガツと働かなければ生き残れない。もう少し米国のようにまでとは言わないが、研究者をサポートするシステムを充実させて、せめて研究に割ける時間を増やして欲しい。日本でも昔は技官とか秘書とか校費で雇われているスタッフがいたが、今では皆無。研究環境はますます悪くなって来ている。これでは時代に逆行ではないか。政府が研究開発に力を入れていくというのだったら、短期の競争的資金を増やすばかりではなく、長期に人を雇用できるシステムを作り、生活の安定を保証して、研究に専念できる時間を多くするようにすべきではないか? そうすれば、自分の好きなことができるので長時間労働でも我慢できるかもしれない。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。